• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

給料が伸びないのは「技術革新」のせい?

仕事がラクになるのはいいことばかりじゃない

2013年5月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回解説しましたように、給料に労働者個人の業績・成果が反映されているのはわずか数%です。もちろん、会社の業績が上がればボーナスが増えます。ですが、それは個人でどうこうできるものではありません。

 4月25日に「平成24年賃金事情調査」の確報が公開されましたが、基本給に占める「業績・成果」の比率が5.3%に下がりました(平成23年度の同調査では7.1%)。世間的には、「これから業績・成果が占める割合が増えていくだろう」と考えられていたと思いますが、まだまだそうはならず、マルクスがいう「労働力の価値」を中心に決まっているということでしょう。

 全体としてみると、日本人の給料はここ10年以上、減少傾向にあります。再度、マルクスの理論に重ねて、なぜ給料が下がってきたのかを考えてみます。どこに「給料の低下圧力があるか?」です。

 結論から言うと、給料の低下圧力があるのは、「技術革新」と「社会構造の変化」です。そこで今回は「技術革新」について解説します。技術革新の「せい」で、“いざなぎ超え”と呼ばれたかつての好景気の時期にも給料が下がり続けた、というのが私の1つの結論です。

その仕事をする知識・スキルを身につけるための労力

 労働力の価値とは、「労働の再生産コスト」です。これは簡単に言うと、その労働者が明日も同じ仕事をするために必要なものの合計です。人が働くには、その仕事をする体力と知力(知識・経験)が必要です。労働者に知力と体力がなければ働いてもらうことができません。

 例えば、フルマラソンを走り終えてエネルギーがゼロになってしまった人を、すぐに働かせることはできません。労働者として働いてもらうためには、食事をして、睡眠(休息)をとって、再びエネルギーを満タンにしてもわらなければいけませんよね。この時にかかるコスト(食費、睡眠のための住居費など)は、労働力をつくるのに必要な「生産コスト」です。これは前回説明した通りです。

 一方で、小さい子どもを会社に連れてきて、「じゃ、あとよろしく」と、みなさんと同じように働いてもらおうとしても無理です。仕事に必要な知識や経験がないからです。会社に有益な労働者となるには、これらの知識・経験を身につけてもらわなければいけません。この時にかかるコストや労力(学費・研修費、勉強時間など)も、労働力をつくるのに必要な「生産コスト」です。

 そして、これらの「労働力の生産コスト」を積み上げたものが、そのまま労働力の価値になり、その労働力の価値が基準となって、みなさんの給料が決まっていくのです。

 この知識、経験、技能面での再生産コストが、あなたの給料に加味されていることに注目すべきです。つまり「同じ労働をするために、ゼロから知識を身につけたら、どれくらいコストがかかるか?」という視点です。

 弁護士の時給がなぜ高いのか?

 それは難しい仕事をしているから、ではない。難しい仕事なら世の中にいくらでもあります。

 医者の時給はなぜ高いのか?

 人の命を扱っているから、ではない。「人の命を扱う」という意味では、看護師や介護士も同じはずです。それなのに、看護師や介護士の時給よりも、医者の時給の方が圧倒的に高いのは、みなさんも容易に想像がつくでしょう。

コメント6件コメント/レビュー

木暮様の今回の論評にコメントが無い?何故?ところで、私は今回の記事でマルクスの資本論の奥深いところを更に勉強させて頂きました。おっしゃる通りですね。私は電気工学科の出ですが、頭が悪く難しい事が分からないので、というよりは、大学時代はバンドで金を稼ぐ傍ら政治青年、という事は卒業時は白痴状態ということ。その私が大企業の研究部門に定年まで在籍出来たのはまさに研究手段と設計手段の機械化のお陰だったんだなと今思いました。オームの法則一つで放送機器から通信機器までやってたんですから。しかし、機械化の分、他の3倍以上の仕事が出来た事も事実で、労働価値の低下分を仕事量で稼いで給料低下を保ったのだと分かりました。本当かな? (元ハッタリ技術者 62歳)(2013/05/17)

「今までで一番やさしい経済ニュースの読み方」のバックナンバー

一覧

「給料が伸びないのは「技術革新」のせい?」の著者

木暮 太一

木暮 太一(こぐれ・たいち)

経済ジャーナリスト

経済ジャーナリスト、社団法人教育コミュニケーション協会の代表理事として、相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から高評を博し、企業・大学向けに多くの講演活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

木暮様の今回の論評にコメントが無い?何故?ところで、私は今回の記事でマルクスの資本論の奥深いところを更に勉強させて頂きました。おっしゃる通りですね。私は電気工学科の出ですが、頭が悪く難しい事が分からないので、というよりは、大学時代はバンドで金を稼ぐ傍ら政治青年、という事は卒業時は白痴状態ということ。その私が大企業の研究部門に定年まで在籍出来たのはまさに研究手段と設計手段の機械化のお陰だったんだなと今思いました。オームの法則一つで放送機器から通信機器までやってたんですから。しかし、機械化の分、他の3倍以上の仕事が出来た事も事実で、労働価値の低下分を仕事量で稼いで給料低下を保ったのだと分かりました。本当かな? (元ハッタリ技術者 62歳)(2013/05/17)

生産性の効率化は労働力の価値を間接的に下げるなんてことは、ちょっと考えればわかることで、こんな記事をプロが書いてるの?と疑問に思います。「生産性の効率化は労働力の価値を間接的に下げる」はただの現状分析であり、「であるから私はこう考える」という記者の視点がありませんね。「生産性の効率化は労働力の価値を間接的に下げる」という言葉を借りるなら、人々の主張が容易く発信できるようになった現代は、こんな記者のかわりなんていくらでもいるようになったんですよ、だからあなたの給料も減ってるんです、と言ってあげたいです。(2013/05/08)

人件費を変動費化したい企業側の詭弁に過ぎないのは私だけでしょうか?激増する大企業経営者の報酬や株主への配当は?原資は同じはずなのに処遇が異なるのは、単に経営者側の搾取と保身の結果としか思えない。一蓮托生って言葉はどこへ消えたんでしょうね…。日本の企業に関与する人々の中で一番志が低いのは、じつはそうした経営者達なんですよ、きっと。日本の不景気の元凶は、政治家や官僚ではなく、贅肉ばかり溜め込んで内需に必要な血を奪い続けるこいつらだと思う。(2013/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授