• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回 営業、マーケティングも統計を使えば成功率はアップできる

2013年5月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、正規分布を使って、デートや営業の成功確率を考察しました。では、成功確率を高めるためには、どうすればいいか。それが今回のテーマです。

 拙著『仕事に役立つ統計学の教え』のプロローグにも書いたことですが、まずは、誰でもできるゲームを考えてみましょう。

 ゲームに勝つと賞金1万円がもらえます。ルールは簡単、サイコロを転がすだけ。参加費は無料です。

 えい、とサイコロを投げて、1が出たら、あなたの勝ちです。2~5は、はずれ。再チャレンジです。6が出ると、罰ゲームが待っています。胴元からちょっと嫌な言葉を言われます。しばらく不愉快な気持ちを引きずりますが、罰金を取られたり、怪我をすることはありません。

嫌みを言われてもサイコロを降り続ける

 このゲームで賞金を稼ぐには、どうプレイするのが最善でしょう。1を出す練習をする? カジノでは、プロのディーラーが好きな目を出せる、という話もあります。サイコロ転がしにもテクニックがありそうですが、マスターするのは難しそう。ゲームは、何回サイコロを振ってもOKです。となると…。

コメント1

「「ビジネスの結果は99%統計的に決まる」」のバックナンバー

一覧

「第2回 営業、マーケティングも統計を使えば成功率はアップできる」の著者

斎藤 広達

斎藤 広達(さいとう・こうたつ)

事業再生コンサルタント/理論社社長

1968年生まれ。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーなどを経て独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト