• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回 「通販番組では、同じメッセージを7回繰り返す」と視聴者は影響される

販促やスキルアップにおける、繰り返すことの絶大なる効果

2013年5月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は正規分布を累積グラフに直した「Sカーブ」が教えてくれることを紹介しましょう。Sカーブは、はじめはゆっくりと上昇し、ある段階から突然傾きが急になり、後半はなだらかに収斂していきます。この曲線は、多くの示唆に富んでいます。

図表3-1:Sカーブ

 インフルエンザの感染は、このSカーブのように伝播していくことが多いのです。ブームが起こるのは、まさにこの仕組み。音楽が大ヒットしたり、ミリオンセラー書籍が生まれたり、お笑い芸人が突然ブレイクしたり、不思議なダイエットが一世を風靡したりと、Sカーブ的な感染トレンドでヒットが発生します。

 最近はYou TubeやSNSによって伝播するスピードが加速しているため、「突発的なブーム」が起こりやすいように思います。情報に触れる頻度が多くなると、影響される確率が高くなるのです。人ごみに出る機会が多いと、ウィルス性の病気に感染しやすくなるのと似ています。

コメント0

「「ビジネスの結果は99%統計的に決まる」」のバックナンバー

一覧

「第3回 「通販番組では、同じメッセージを7回繰り返す」と視聴者は影響される」の著者

斎藤 広達

斎藤 広達(さいとう・こうたつ)

事業再生コンサルタント/理論社社長

1968年生まれ。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーなどを経て独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック