• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英語、本当にできなくてもいいんですか?

必要な1割の人が、英語ができないのが問題

2013年5月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 成毛眞さんの『日本人の9割に英語はいらない』(祥伝社)、という本のタイトルが一時話題になったが、これは全くその通りだ。仕事で英語を使う必要がある人はそんなに多くはないし、そういった人々が英語を勉強するのは貴重な時間の無駄遣いでもある。言語は必要に応じて覚えるのが一番なので、その必要が差し迫っていない今のうちに勉強しておいても習得に時間がかかる。

 問題は9割の人ではなく、「英語が必要である1割の人」が圧倒的に英語をできないことにある。というわけで、今回は英語の話をしよう。

「日本人は英語ができない」は本当?

 国際会議でも海外の大学でも、「日本人は英語ができない」のはほぼネタと化している。人々は、日本人が英語ができないことにまず驚き、次に、その日本人が中学生の頃から英語をほぼ毎日授業で勉強してきたことに驚く。

 しかし、本当に日本人は英語ができないのだろうか。まずは事実確認からはじめてみるべきではないか。

 英語レベルの横比較をするのであれば、最も良いのはTOEFLだ。留学時にそのスコア提出が必要とされているTOEFLであれば、留学をしようと考えている大学生や社会人の英語能力を比較できる。(なお、ほとんどの国の人はTOEICなんてそもそも知らないし受けたこともない。筆者はなぜ多くの日本企業がTOEICスコアを重視しているのか未だに理解できていない。確かにTOEICのほうがビジネスよりのトピックは多いが。)

 まずはアジア諸国におけるTOEFLスコアの水準を見てみよう(データ元は、TOEFLの提供を行なっているEducational Testing Serviceより)。日本人受験生のスコアはほぼ最下位にある。

コメント75

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「英語、本当にできなくてもいいんですか?」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック