• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「乙武炎上」にみる、日本人の不寛容さの理由

余裕と「マイノリティ経験」が人を寛容にする

2013年5月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 突発的な出来事には、その偶然性だけによらない何らかの貴重な情報が含まれている場合が多い。

 数日前にあった、『五体不満足』で知られる車いすの元スポーツライター、乙武洋匡さんのTwitterでの「騒動」についても同じことがいえるかもしれない。ここでは、「思いやり」や「他者に対する寛容」というテーマで本件について考えてみたい。

 事実の概要は次の通り。5月18日の夕方、乙武さんは次のようにツイートした(店名は伏せています)。

 “今日は、銀座で夕食のはずだった。XYZというイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。

 お店はビルの2階。エレベーターはあるが、2階には止まらない仕組みだという。「それはホームページにも書いてあるんだけどね」――ぶっきらぼうに言う店主。「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」「忙しいから無理」「……」「これがうちのスタイルなんでね」以上、銀座での屈辱。”

 そして、これに対してのTwitterは大荒れになる。店の対応の悪さに怒り乙武さんを励ます人がいる一方で、乙武さんに対して「事前に確認しておくのが当然」、「店の名前を晒すのはやりすぎではないか」という人々も相当数にのぼった。ざっとTwitterを見る限り、世論は半々といったところか。

 私が乙武さんの立場だったらやはりとても悲しい気持ちになるだろうし、勢い余って店の名前を載せることはあるかもしれない。また、私が店長の立場で、今日の仕事が本当に忙しかったら、ついつい配慮のないことを言ってしまうかもしれない。

コメント223件コメント/レビュー

なんとも適当なお言葉。典型的な「日本はダメだ論」「欧米素晴らしい論」ですね。移民のおかげで外国人比率の高い欧米では、近年移民排斥運動が活発と聞きますが如何か。乙武問題では、根本的に取り違えていると思う。日本人は「他人(自分)の領域を荒らす」ことに過敏に反応する。電車では、「いつもの場所に座る(立つ)」事は既に自分の領域なわけで、そこに異物が来れば車いすだろうがベビーカーだろうが学生集団だろうが嫌悪感を示す。これは相手がマイノリティだから起こる現象ではない。これを以て不寛容だというならばそうだろう。しかし、欧州人の行動が寛容で日本人の行動が不寛容というのは、根本的に間違っている。特に最近の日本では、手伝おうとするだけで「変態!」「ロリコン!」「犯罪者!」と口やかましい方々が大手を振るっているしね。(2014/05/26)

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「「乙武炎上」にみる、日本人の不寛容さの理由」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんとも適当なお言葉。典型的な「日本はダメだ論」「欧米素晴らしい論」ですね。移民のおかげで外国人比率の高い欧米では、近年移民排斥運動が活発と聞きますが如何か。乙武問題では、根本的に取り違えていると思う。日本人は「他人(自分)の領域を荒らす」ことに過敏に反応する。電車では、「いつもの場所に座る(立つ)」事は既に自分の領域なわけで、そこに異物が来れば車いすだろうがベビーカーだろうが学生集団だろうが嫌悪感を示す。これは相手がマイノリティだから起こる現象ではない。これを以て不寛容だというならばそうだろう。しかし、欧州人の行動が寛容で日本人の行動が不寛容というのは、根本的に間違っている。特に最近の日本では、手伝おうとするだけで「変態!」「ロリコン!」「犯罪者!」と口やかましい方々が大手を振るっているしね。(2014/05/26)

寛容性より実行性でしょう。(2014/05/26)

子供のころ、小学校で何かを決めるのに最終的に多数決を頻繁に使用したことをこの記事を読んでて思い出しました。今思うと、そのような習慣も、マイノリティへの配慮のなさの礎になっているのかな、と思いました。私自身は出産してからマイノリティとしての立場を経験することなり、それまでの自分の非寛容さを実感しました。日本社会は少しイレギュラーなことをするとメジャーに属する方々から「めんどくさいやつ」というレッテルを貼られて色眼鏡で見られることになるので、マイノリティの立場で頑張るのはとても体力が必要で、そこに何かを見出さない限り難しいと思います。(2014/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長