• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

視聴率V字回復の最善策は「全部ネットで見られること」

ヤフー川邊健太郎副社長インタビュー

  • 友澤 大輔

バックナンバー

2013年5月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人格形成要素の「半分はフジテレビ、半分は少年ジャンプ」。そんなテレビっ子だったという川邊健太郎氏は、今やヤフー副社長となった。
 川邊氏は2009年に動画配信サイト運営のGyaOの社長に就任。それ以降、放送と通信の融合を進める当事者として、GyaOのサイトからテレビ番組への視聴者誘導や、有料の動画配信などといったテレビ局との様々な取り組みを展開してきた。
 そんな経験に基づき、川邊氏はテレビ番組を全部ネットで見られるようにすることが、視聴率をV字回復させる最善の策であると大胆な提言をする。この考え方こそ、ヤフー創業以来の理念である「ユーザーファースト」から生まれたものである。

合法的にテレビ文化を変えられないか?

ヤフー副社長兼最高執行責任者メディアサービスカンパニー担当執行役員の川邊健太郎氏

この数年のデジタルコンバージェンスの動きの中で、これから5年後をどう見ているのか。特に川邊さんはGyaOでも社長としていろいろやられていたので、どういう狙いがあって、あのGyaOという形を作り出し、そして今、ヤフーはどうあり、今後どうあろうとしていくのか、その辺りについてぜひお聞かせください。

川邊健太郎副社長(以下、川邊):僕は、そもそも異常なテレビっ子で、だいたい1980年代から90年代前半に培った価値観の半分はフジテレビで、半分は「少年ジャンプ」なんです(笑)。だからインターネットがなかったら、まずフジテレビか集英社を受けていましたね。

 だけど、残念ながらネットが現れて、そっちの方が面白くなった。それでこの仕事を選んで、2007年にYahoo! ニュースの責任者になったというのが、私のキャリアにおいて大きな出来事なんですが、同時にテレビ番組表であるYahoo! テレビの責任者も任されていたんですね。そのときに初めてテレビとネットというものについてちゃんと考えるようになった。

 ネットの本質はインタラクティブだと思っているので、テレビをいかに外部の立場からインタラクティブなものに変えられるか、ネット的な面白さをどう付け加えられるか。ヤフーとしてやる以上は合法的な形で、みんなが共有しているこのテレビ文化というものを変えられないかなと。

 番組表って、ものすごくなじみがあるものじゃないですか。だからまずこの番組表から変えてみようと思った。番組表である番組のボタンを押すと、そのレビューが出てきたり、見たい人が「見たい!」ボタンを押すと合計数を表示できたり、そういうことを単純に無邪気にやりたくて……。

コメント0

「ユーザーファースト~テレビとスマホの視線争奪戦~」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監