• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフリカという「普通の市場」

24時間テレビで見たアフリカの記憶を、そろそろ塗り替えよう

2013年5月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月上旬、念願かなってアフリカの地を踏んだ。人生初だ。そこで見たアフリカの今の姿は、正直言って想像を遥かに超えていた。というか、想像とは別の世界だった。確かに、野生のキリンやシマウマを目にする機会もあった(物見遊山に出かける時間はなく、国立公園に隣接する取材先へ向かう道すがらに・・・と言い訳しておく)。それでも、「ここ、アフリカだっけ・・・」と取材中、何度もつぶやいてしまった。

 「アフリカってどんなイメージ?」
現地取材と前後して、同僚たちや友人たちに聞いた。1番多かった答えは、
 「24時間テレビで見たエチオピアの飢餓に喘ぐ子どもたちの姿」

 かくいう私もその1人だった。子供時代に見た映像はセンセーショナルで、20年以上が経過した現在でも、脳裏にくっきりと焼き付いている。広大なサバンナで悠然と生きる野生動物。そして、出口のない貧困にあえぐ人たち。干ばつで農作物は育たず、食うに困る生活。子供たちは教育も受けられず、HIVが蔓延している。日本や欧米諸国による国際援助の対象であり、企業にとっては社会貢献の場である――。

 まだ、アフリカに対してこうしたイメージを持っている人は少なくないだろう。私自身、頭では経済成長率がASEAN(東南アジア諸国連合)並に高いと理解していても、メーン市場はBOP(ベースオブピラミッド)だろうと暗に考えていた。だが、アフリカから戻ってきた今、そんな思いはどこかへ吹き飛んでしまった。

ピンヒールで闊歩する黒人キャリアウーマンたち

 ケニアの首都、ナイロビ。高層ビル群の合間を、スーツを来たビジネスマンが行き来している。ケニアの企業を訪れると女性従業員がとても多い(印象としては日本企業よりもずっと多い)。街中には、ミニスカートにピンヒール、ジャケットという出で立ちのキャリアウーマンが闊歩している。当然ながら、ほとんど全員が黒人だ。

 スターバックスコーヒーのケニア版とも言える「JAVA HOUSE」はどこの店舗もお客が溢れている。価格帯はスターバックスと似たようなもので、コーヒー1杯が日本円で数百円する。ナイロビ市内のカフェでは、ノートパソコンを開く若者たちの姿も、たびたび目にした。

 いまケニアでは中間層が爆発的に増加している。中間層というと、月収が日本円で3万~12万円ほどの人たちのこと。もちろん、1カ月数千円で過ごす人たちも相当数存在する。それでも、「数年前ならJAVA HOUSEでコーヒーを買うのは外国人が多かった。ところが、最近はケニア人ばかり。経済成長を肌身で感じる」とある駐在員は言う。

 デロイトトーマツコンサルティング・アフリカビジネス開発リーダーのジェームズ・クリア氏は、「日本企業はアフリカというと、すぐにCSR(企業の社会的責任)だという。そうではなくて、アフリカで急増する中間層に向けて普通のビジネスをすべきだ」と主張する。

 実際のところ、現地で目の当たりにした企業のビジネスモデルは、ASEANなどの新興国でのビジネスとなんら変わらない。先進国と同じモデルを再現し、成功している企業すらある。

コメント5件コメント/レビュー

最近アフリカの投資関係記事は賑わっており、何故今アフリカなのか興味があります。しかし、現在日本の新聞には欧米の記事に比べアフリカ諸国の記事はほとんど載りません。youtubeの英語版ニュースサイトやジャーナリストの著書等で情報収集していますが、情報源が増えるのは歓迎です。ただ、表面の都合のいい部分だけ取り上げてリスクには全く触れていない様な気がします。多くの中国企業もいろんなトラブルを抱えている様です。その当りも記事にしてほしい所です。(2013/05/24)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「アフリカという「普通の市場」」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最近アフリカの投資関係記事は賑わっており、何故今アフリカなのか興味があります。しかし、現在日本の新聞には欧米の記事に比べアフリカ諸国の記事はほとんど載りません。youtubeの英語版ニュースサイトやジャーナリストの著書等で情報収集していますが、情報源が増えるのは歓迎です。ただ、表面の都合のいい部分だけ取り上げてリスクには全く触れていない様な気がします。多くの中国企業もいろんなトラブルを抱えている様です。その当りも記事にしてほしい所です。(2013/05/24)

本文にある「出口のない貧困にあえぐ人たち。干ばつで農作物は育たず、食うに困る生活。子供たちは教育も受けられず、HIVが蔓延している」は今なお現実であり、「どこかへ吹き飛んでしまって」いいものだろうか。ビジネス的な観点からもこれらの課題を解決することは重要である。セキュリティー上のリスク軽減や市場の創造、質の高い労働者の確保につながるためだ。アフリカは大陸であって国ではないというコメントに私も同意。以前掲載された「アフリカのリスクを地図で見る」のように、緻密な記事に期待したい。(2013/05/24)

先日、個人旅行でSafari・Johannesburg・Cape Townを含め、約2週間の南アフリカに行きました。案内書などに書いてある、貧富の差とか、犯罪率の高さとか、ネガティブな情報が多く、これなりの注意を払いながらですが、他国を旅行した経験からして、それなりの注意を払えば特に危険という印象はありませんでた。企業の方とは直接お目にかかる機会はありませんでしたが、韓国始めアジア諸国の企業のLogoを多く見かけたこと、大挙して観光客が来ていたことと比較すると、日本のプレゼンスの低さを感じました。考えてみると、往復共に、日本の航空会社は乗り入れて居らず、(驚いたことに、南半球の諸大陸間は直行便がある)ある意味で、交通というビジネスインフラ自体が未整備な、数少ない国になっているのではないかと感じました。一企業の問題としては大きすぎるので、国策として合理的・積極的なプロモーションが必要と感じました。(2013/05/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長