• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「デブお断り」社長の発言に世界が猛反発

失言・暴言との付き合い方を考えます。

2013年5月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世の中は、にわかに炎上発言ブームです。

 猪瀬都知事の「イスラム世界はケンカばかり」や、麻生副総理の「中国とスムーズに行った歴史はない」。橋下維新の会共同代表の一連の風俗や従軍慰安婦にからむ発言。西村眞悟衆院議員は「韓国人女性は売春行為をしている」と言い、ネットでは、『五体不満足』で知られる車いすの元スポーツライター乙武洋匡氏が車いすを理由に飲食店に入店拒否された経験をツイートして騒動に。

 私は、PRやコミュニケーションのアドバイザーとして、日頃から個性の強い経営者や、発言で注目を集める人物などと多く関わっています。そのため半ば必然的に、暴言や失言とも付き合ってきました。

 それぞれ性質も立場も違う発言ですので、発言自体を一律に論じることはできませんし、どこがまずかった、どう言えば良かった、この先どうするのが良いかは、またそれぞれです。

 ただ、発言で騒動を起こしやすい人や場面の「近くにいる時」に「うまく付き合う方法」や「処し方」には原則のようなものがあると考えています。

 そこで今回は、意外とよくある、身近な暴言上司や口悪人間に振り回されないためのヒントを、最近のネット動画を参考にしつつ、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫。それでは今週もいってみましょう。

エライ人の9割以上は喋りすぎ。

 たくさんの経営者や人前で話をする立場の人たちにコミュニケーションのアドバイスをしてきた経験から言いますと、口下手な人に効果的なコミュニケーションをアドバイスする方が、口の達者な人にアドバイスするよりもはるかに簡単です。アドバイスの効果も出やすいです。

 もともとうまく話さない人には基本を教えればすむ、ということではありません。

 人は人生の最初の2~3年で、「話すこと」と「立って歩くこと」を学び、そのあと十数年かけて、学校で「静かに黙って座っていること」を学びます。喋るよりも静かにしていることの方がはるかに難しいのです。

 そして、喋れば喋るほど、ボロが出ます。だから、静かに黙って座っていることを学ぶのです。

 周りの人が話を聞いてくれる「エライ人」の9割以上は、喋りすぎです。そして、長くなると「余計なこと」をつい言ってしまいます。

 言葉は加えるよりも減らす方が聞き手には圧倒的に分かりやすくなりますが、反応が得られなかったり、調子にのって言いたいことを喋るのが原因で、ついつい長くなりがちです。

 口の達者な人に、余計なことを言わないようにトレーニングするのは、それだけで容易なことではないのです。

失言・暴言と「思い切った発言」の差

 同じように発言しても、失言・暴言と言われる人がいれば、問題にならない人もいます。その差は一体なんでしょう。

コメント9件コメント/レビュー

ホームレスに服を与えて、それをネットに載せるのも、小生が見ると、アバクロの社長と同じく、自意識過剰の人間の仕業だ。小生は、いやな経営者の会社のものは買わない、回りの人に勧めない。それ以上は自意識過剰だ。自分が嫌いなものを買う人がいるのを許せないというのが、自意識過剰なのだ。乙武氏のような人は、世界中にいるのだね。東京人だけの特徴かと思っていた。(2013/05/26)

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「「デブお断り」社長の発言に世界が猛反発」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ホームレスに服を与えて、それをネットに載せるのも、小生が見ると、アバクロの社長と同じく、自意識過剰の人間の仕業だ。小生は、いやな経営者の会社のものは買わない、回りの人に勧めない。それ以上は自意識過剰だ。自分が嫌いなものを買う人がいるのを許せないというのが、自意識過剰なのだ。乙武氏のような人は、世界中にいるのだね。東京人だけの特徴かと思っていた。(2013/05/26)

スリムな自分、デブは縁なき衆生とみていてこの一文を見過ごしていたようだ。いやぁ面白い。有名人、著名人、権力者よご苦労さん。そうでない市井人たち、快哉を叫ぼう。ちなみにきょうの新聞朝刊私の運勢に「常識の範囲を超えない。退屈だが安心できる」とある。なるほどとつくずく納得。遅れ馳せながら心して生きようと思う。(2013/05/26)

あの~ッあの~ッこの映像作家にとって「ホームレスはゲスな人」だという認識がないとこの抗議運動はなりたたないのですが???この映像作家のほうが、批判された企業よりゲス!!!(2013/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授