• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソーシャル・メディアの“謎”を解く

ビジネス上の活用を考えるうえでの4つのポイント

2013年6月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 経営コンサルティング世界大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーが1964年に創刊した季刊誌「McKinsey Quarterly」──。企業経営のトレンド解説や新しい考え方などを提供し続け、グローバル企業の経営幹部を中心とする読者に広く読まれている。

 このオピニオン誌のオンライン版で人気を博した記事の概要を同社日本法人の幹部が紹介し、日本企業の経営やビジネスパーソンの仕事に役立ちそうな示唆を提供していく。

 初回に当たる今回は、2012年に最も読まれた記事「 Demystifying social media(ソーシャル・メディアを徹底解明する)」 の骨子を日本法人の梶井健パートナーが紹介。さらに日本企業が自社の事業でソーシャル・メディアをどう活用していくべきかについて提言する。

 2012年にMcKinsey Quarterlyのオンライン版には膨大な量の記事が掲載されましたが、その中で最も読まれたのが「Demystifying social media」というタイトルの記事でした。

 なぜこの記事がトップになったのか。その理由はシンプルで、「フェイスブック」や「ツイッター」などのソーシャル・メディアそのものについて読者がよく分からなかったからだと思います。

 50代から60代の経営者が多い日本では特に顕著ですが、欧米でも企業の経営トップや経営幹部は40代以上で、その多くがソーシャル・メディアを利用していない。利用者ではないから、どんなものなのか皮膚感覚で分からない。でも、どうやら無視することはできないものらしい。そう感じている読者の方々に、ソーシャル・メディアをデミスティファイする、すなわち、ソーシャル・メディアのミステリー(謎)を解くというタイトルが響いたのでしょう。

 実際、日本でも2012年の初頭にフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が立ち上がり始めた時に、「これは一時的な流行なのか、それとも普及して定着するものなのか」といった質問がずいぶん寄せられました。

 日本だけでなく、欧米の経営層もSNSをはじめとするソーシャル・メディアをどう受け止めたらいいか分からない。そこでソーシャル・メディアとはどのようなものなのか。それはビジネスにどれだけのメリットをもたらすものなのか。これらのことを理解するためのフレームワーク(枠組み)がほしいと思っていたところへ、タイミングよくこの記事が出て、フレームワークを提供してくれた。だから広く読まれたと見ています。

コメント5

「マッキンゼーインサイト」のバックナンバー

一覧

「ソーシャル・メディアの“謎”を解く」の著者

梶井健

梶井健(かじい・けん)

マッキンゼーパートナー

マッキンゼーTMT研究グループのリーダー。成長戦略、新規事業構築を専門とし、ビッグデータ事業構築、デジタルマーケティングの経験も豊富。約10年通信業界に従事。ハーバードビジネススクールにてMBA取得。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO