• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「シェール革命」の行方を左右するTPP交渉

やはり日本は足元を見られるのか?

2013年6月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本は「革命」の恩恵を受けられるのか?

 少し前から話題になっている「シェール革命」。今回は「世界のエネルギー地図を描きかえる」と言われているこのシェール革命について振り返ってみます。

 そもそも「シェール革命」とは何なんでしょうか? これは粘土質の頁岩(けつがん、シェール)層に閉じ込められた天然ガス・原油が、技術革新によって採掘できるようになったことを指しています。

 このシェールガス・オイルは、北米のほか南米、中国など世界に広く分布しています。存在自体は以前から判明していましたが、技術が追い付かず採掘が難しかった。しかし、地下数千メートルの岩盤を破砕する新技術の開発によって採掘が可能になり、人類が入手することが可能になったのです。それ自体が非常に画期的だったため、「革命」と呼ばれています。

 最近はアメリカを中心に、このシェールガスの生産が拡大しており、供給増加のため天然ガス全体の価格が大幅に下落しています。エネルギー資源のほとんどすべてを輸入で賄っている日本にとっては、非常にありがたい話ですね。

 ただし、日本がこれらの安いエネルギーの恩恵を自動的に受けられるわけではありません。自然に日本に入ってくるわけではないのです。

 シェールガスの埋蔵量は150年分とも300年分以上ともいわれています。これが本当にすべて活用可能であれば、人類にとってかなりの「安心材料」になるでしょう。

 とにかく埋蔵量が多く、なおかつ環境に優しい。CO2排出量が石炭に対して40%、石油比では15%少ないといわれています。そのため未来のエネルギーとして注目が集まっています。日本の場合は震災後の電力問題もあり、急いで代替エネルギーに目を向けないといけない状態にあるため、特に重要です。

 ただ、残念ながら日本国内にはほとんどありません。なので、輸入する必要があります。そこで外交問題、TPP(環太平洋経済連携協定)の問題が絡んでくるのです。

 現在、シェールガスを最も有効に活用しているのはアメリカです。埋蔵量が多い上に、採掘方法などの知的財産を特許で固めており、エネルギー輸出国としての存在感がどんどん強まってきています(シェールガスの埋蔵量で世界最大なのは中国と言われていますが、採掘技術が追い付いていないため、まだ活用できずにいます)。

コメント0

「今までで一番やさしい経済ニュースの読み方」のバックナンバー

一覧

「「シェール革命」の行方を左右するTPP交渉」の著者

木暮 太一

木暮 太一(こぐれ・たいち)

経済ジャーナリスト

経済ジャーナリスト、社団法人教育コミュニケーション協会の代表理事として、相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から高評を博し、企業・大学向けに多くの講演活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員