• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ギャンブルに強い人が新規事業もヒットさせている

2013年6月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 カヤックの面白制度の1つに「旅する支社」というものがあります。

 1年に数カ月間、国内外のある場所に臨時支社を設置し有志はそこで働けるという制度です。過去にイタリア、ハワイ、仙台などに設置しています。

 その「旅する支社」でベトナムに行ったときの話です。滞在地は、ベトナムのダナンという場所だったのですが、ダナンはリゾート地というだけあって、ベトナム最大のカジノというのがありました。

 カジノは日本にいると行くことができない娯楽施設の1つですので、そこに社員で行ってみようと、行ったところ、改めて分かったことがありました。

 それが、新規事業を当てている人間は、ギャンブルが強いということです。

 カヤックには大塚雅和という(あだ名はマッシュ)という人間がいますが、彼は過去にカヤックの出したサービスでは、koebu、wonderfl build Falsh onlineやJsdo.it、さらには最近ですとLobi(グループチャットアプリ nakamapから名称が変わりました)なども手掛けている漢(ヲトコ)です。

 その彼の賭け方を見ていて、なるほど、新規事業が当てられる人とギャンブルが強い人は相関関係があるのだなと改めて感じました。

 経営者にはギャンブルが強い人が多いというのはよく聞く話ですが、目の前で社員を見てはっと気づかされました。そこで、今回は、なぜギャンブルの強さと新規事業をあてられる人材かどうかには相関関係があるのかを考えてみました。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「ギャンブルに強い人が新規事業もヒットさせている」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック