• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マネジメントだけしている人には居づらい組織が理想

2013年6月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年でちょうど面白法人カヤックは15周年を迎えます。節目を迎えるということは、過去を振り返り、未来を見据える。そんな良いきっかけになります。それゆえ、前回の記事でも、これからのインターネットの15年の予測を書きました。

 今回は、15年のカヤックを振り返り、カヤックという会社が大切にしている思想について紹介してみたいと思います。

 ・・・と、聞くと「サイコロ給」や「旅する支社」や「鎌倉本社」などを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。今回はそういう分かりやすいものは取り上げません。今回書くことは、あまり外には発信していないもので、かつ、他社と比較した上で、少しユニークな部分を紹介してみたいと思います。

【1】徹底的なオープン主義でもあり、徹底的な秘密主義である

 カヤックという会社は、社内に対しても、社外に対しても、「情報はできるだけオープンである」ことを推奨しています。ただ、これはインターネットが普及した今、真新しいことではないかもしれません。オープンであることが相手に対しての誠実さを与え信頼につながりますし、オープンであることで相手の主体性を引き出し、より参加感を促すことができます。それが時代の流れであり、その最先端にいるインターネット業界の会社はオープンをモットーとしているところは多いと思います。

 それにも関わらず、「徹底的な秘密主義」と書いたのはどういうことか。それは、こういうことです。会社の中には、オープンにしない方が今のところ望ましい情報はどうしたってあります。例えば、立場や役職の違いで、知っていいこと知らない方がいいことがあったりする。そんな時、カヤックでは、まずは最初に「本当にそれが全社員に公開してはだめなものなのか?」を真剣に考える。そして問題なければ、とにかく全社員に公開する。そして、全社員に公開することがよくないというものの場合、その時は逆に、ほんとに限られた最少の人数はどのレベルなのか?それを今度は考えて徹底的に管理する。

 最低の人数にするという意味は、情報格差による階層分けをなくしたいという思いからです。「監督以外はみなプレイヤー」という組織を創りたい。これは、視覚化するとピラミッド型の組織ではなく、文鎮型の組織ともいえます。

 これは新入社員の目からみると、マネージャーも新入社員も全く「プレイヤーとしては対等」という開かれた組織ともいえる。一方でマネージャーの目から見ると権限移譲がされてないともいえる。そんな構造になります。

【2】連帯責任である

 カヤックという会社は見てのとおり、代表取締役が3人います。どのように3人の役割が分かれているのですか?という質問をよく受けますが、緩やかな役割分担はありますが、厳密には定義していない。1人ひとりに代表権があり、一方で僕らは創業時に3人で1人前みたいなものだろうと思ってスタートしています。

 これは、カヤックが会社という組織形態の中ではマイナーな方に属する所以の本質的な部分なのだろうと思います。3人で1人前という統合の思想は、分離思考の現在の資本主義社会では、あまり受け入れられにくい思想だと言えます。

 なぜなら、権限や業務執行の範囲がはっきりしていない、ということは、何かあった時に責任の所在が曖昧になりますし、複数のヘッドがいるということは、いちいち合議制で決まっているように思われ、スピードが遅くなるように見えるからです。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「マネジメントだけしている人には居づらい組織が理想」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長