• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

歯科医は、お口のだらだら治療をやめるべきだ

虫歯治療から予防への転換・お口に広がる成長市場

2013年6月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者の自宅の近所で電線の地中線化工事をやっている。だが、遅々として進まず、わずか1キロに満たない距離を5年もかけて工事している。毎年、冬になると急に作業が始まり、3月末には終わってしまう。背景には公共事業の年度別の予算制度があるようだ。一気にやればいいものを年度の予算が限られているので少しずつだらだらとやる。

 実はこれと同じことが私達の口の中でも起きている。デンタルケア、オーラルケアと呼ばれる世界の話だ。この分野は健康、美容への関心の高まりを背景に、潜在的な成長市場とみられている。だが、それにもかかわらず、ニッポンの官僚主義が成長を阻害している。

 「いったいどういうことか?」話が飛びすぎているのは承知しているが、上山ゼミのデンタル産業チームの考察に少々お付き合い願いたい。

 デンタルケア産業は合計約3兆3500億円ほどの市場で、近年、微増傾向にある。その中味は大きく2つに分けられる。歯科医など「プロ」によるケアと、歯ブラシ、歯磨粉きに代表される「セルフ」ケアのための製品販売である。

出典)厚生労働省 「医療施設動態調査」「医療経済実態調査」「患者調査」 、富士経済 オーラルケア関連市場

日本人は歯にお金をかけていない

 さらにプロとセルフのそれぞれの世界は、「治療」と「予防」と「美容」の3つに分かれる。つまり、この市場は2×3=6つのセグメントに分かれている。なお、日本では、デンタルケアといえば図の左上の<プロ×治療>(約2兆6139億円)または右下の<セルフ×予防>(約1235億円)の2つが主に話題とされる。だが中央の美容にも注目したい。<プロ×美容>の市場はすでに約5544億円に育っている。また<セルフ×美容>も約428億円と大きく、<セルフ×予防>(約1235億円)のおよそ3分の1にまで伸びてきた。

コメント22件コメント/レビュー

 遅レスで、申し訳ありません。歯にまつわる市場の範囲が治療と美容と予防しかないですね。そこでの歯科医院の業務の拡大は、セルフ部分の取り合いにもみえる為、レッドオーシャンと解釈することもできます。現在、歯科医院では患者の減少があるように思われます。また、治療内容もむし歯の最初の治療は小中高校生であるので、少子化での減少と学校保健統計調査からもわかるように、むし歯の減少と相まって、かなりの減少を示しているようです。むし歯の再治療については、かつてのむし歯治療の蓄積がある為、そこまでの減少はないと思われますが、治療の材料や治療方法の革新に加え、一人にかける治療時間が長くなったことにより、治療が長持ちする傾向があるようで、むし歯の治療そのものは減少しています。歯も長持ちする傾向があるため、歯周病になる歯が増えていると思われます。 さて、病気の分析はこれくらいにして、業界では糖尿病治療の改善に歯周病治療が必要となる患者がいるようですし、医科歯科の連携で(紹介料をえたり、紹介された患者の治療)患者と医療費の増加が見込まれます。また、歯科の訪問診療や高齢者の入所施設での治療や歯科保健指導などが増加すると思われ、このあたりの方がブルーオーシャンといえるのではないでしょうか?(2013/07/09)

「上山信一ゼミの すぐそこにあるブルーオーシャンを探せ」のバックナンバー

一覧

「歯科医は、お口のだらだら治療をやめるべきだ」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 遅レスで、申し訳ありません。歯にまつわる市場の範囲が治療と美容と予防しかないですね。そこでの歯科医院の業務の拡大は、セルフ部分の取り合いにもみえる為、レッドオーシャンと解釈することもできます。現在、歯科医院では患者の減少があるように思われます。また、治療内容もむし歯の最初の治療は小中高校生であるので、少子化での減少と学校保健統計調査からもわかるように、むし歯の減少と相まって、かなりの減少を示しているようです。むし歯の再治療については、かつてのむし歯治療の蓄積がある為、そこまでの減少はないと思われますが、治療の材料や治療方法の革新に加え、一人にかける治療時間が長くなったことにより、治療が長持ちする傾向があるようで、むし歯の治療そのものは減少しています。歯も長持ちする傾向があるため、歯周病になる歯が増えていると思われます。 さて、病気の分析はこれくらいにして、業界では糖尿病治療の改善に歯周病治療が必要となる患者がいるようですし、医科歯科の連携で(紹介料をえたり、紹介された患者の治療)患者と医療費の増加が見込まれます。また、歯科の訪問診療や高齢者の入所施設での治療や歯科保健指導などが増加すると思われ、このあたりの方がブルーオーシャンといえるのではないでしょうか?(2013/07/09)

一方的な見方しかできていないのは、学生故でしょうか。私は土木建材業界で働いています。従姉は歯科医をしています。「虫歯治療と公共工事は、戦後の日本をダメにした二大悪だ」と言われていますが、訴えてもいいでしょうか?閑話休題。一方的な見方の一例を挙げます。今は健康保険がきくので、誰でも平等に歯科治療を受けられますが、健康保険が効かなくなったらどうなるでしょうか?歯科治療は、貧富の差にかなり大きく左右されます。歯は自己治癒しないからです。日本にいる貧困に属する人たち、例えばワーキングプアの母子家庭(問題になりましたね)、彼らのうちのある一定の人は、予防歯科も虫歯の治療も受ける事が難しくなるでしょうし、歯がボロボロになっても放置するしかなくなります。それでもいいんですか?(2013/06/24)

「ブルーオーシャン」ということで主戦場を替えることばかり検討しているが、今の戦場で戦えないのか検討し直しても良いだろう。診療に期間がかかる、これを短くしたり一日で出来ればそれだけで競争力が生まれる。診療行為で期間をかけなければならないのは(1)歯肉炎など炎症がある場合。(2)ブラッシング指導の成果確認。(3)歯列矯正。(4)義歯・歯冠・ブリッジなど補綴物の作成。(5)その他。とすると、(4)はサプライチェーンの問題なので、ここに手を付けることが出来れば治療期間の短縮→患者満足度の向上を図れるでしょう。サプライチェーンの専門家なら、ここの読者に沢山居られるでしょうし。(2013/06/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長