• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「こらぁ!やめろ!逮捕するぞ!」と言わないポリスのメッセージ

原発反対を表明した首相夫人もぜひご参考に

2013年6月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「私は家庭内野党で原発反対」と講演で語って注目を集めた安倍昭恵首相夫人。これに対して、称賛の声や反論、選挙で脱原発派を取り込もうという単なるパフォーマンスだとする声まで、様々な声が挙がりました。

 その時の実際の動画を細かく見てみると、もちろん冒頭の言葉は出てきます。なのですが、実際にメディアが報じた内容には、ちょっと強引さがあります。

 ただ一方で、もし、仮に首相夫人自身が、本気で原発反対を訴えるとしたら、一体どんな方法があるのでしょうか。効果的なコミュニケーションの可能性を考える上で、これは興味深いテーマに思えます。

 そこで今週、同じ様に世間の注目を集めた警察官「DJポリス」なども参考にしつつ、動画を見ながらその方法を考えていきたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫。それでは今週もいってみましょう。

賛否両論でなければ話題は続かない

 安倍首相の妻昭恵さんが安倍政権が推進する原発輸出について「私は原発反対なので非常に心が痛む」「私は家庭内野党。周りの人は嫌なことは(首相が)権力を持つとだんだん言えなくなってくる。少しは嫌なことも言ってあげたほうがいい」などと語ったと報じられました。

 「首相夫人が政府方針と異なる意見を公の場で語るのは異例」と注目されたわけですが、これに対して、

  • 「家庭内でも野党ならつまり原発は止められない」
  • 「自民党が原発推進と原発反対の両方を取り込みたいと考えたパフォーマンス」
  • 「家庭内野党というなら家で意見すれば良い。講演で原発反対を叫ぶことによる安倍首相が背負うリスクを考えていない」
  • 「本気で原発反対ならば官邸前デモに参加を」

 など様々な意見が出ました。

 おそらく昭恵夫人も、これまでの経験から、この部分の発言を切り取られて報じられることは分かっていたはずです。だから狙いがきっとあるのでしょう。

 ただそれにしても、はっきり言ってヘタすぎます。

 一体何がダメか。

 単に「私は原発反対」では、マスコミが報じようとしても夫の首相を否定する問題発言くらいにしか扱われないことが目に見えているからです。

 「とにかく反対」というスローガンの連呼は、典型的な失敗のパターンです。子どもに繰り返し「早く宿題しなさい」と言うのと同じで、繰り返せば繰り返すほど、人は聞かなくなります。

 ではどうすればいいか。

コメント7

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「「こらぁ!やめろ!逮捕するぞ!」と言わないポリスのメッセージ」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長