• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフリカ攻略、「ネガティブ思考」では乗り遅れる

ナイジェリアで見た日本が「周回遅れ」なワケ

2013年6月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第5回アフリカ開発会議(TICAD V)で、日本政府は今後5年間で官民合わせて最大3.2兆円のアフリカ支援を表明した。政府開発援助(ODA)の増額や民間プロジェクトを支援する基金の倍増など、政府がこれまで以上に民間と協力してアフリカ市場を攻略する姿勢を打ち出したことは、アフリカ事業に力を入れようとしている企業にとっては嬉しいニュースだろう。開発援助を自国企業のプロジェクト受注に露骨に紐付けしている中国勢や、旧宗主国としての歴史的な関係を生かして現地政府に食い込む欧州勢と比べて、「日本勢はアフリカ市場の攻略で周回遅れ」(三菱商事の林春樹執行役員、欧州・アフリカ統括兼欧州三菱商事会社社長)の状況にあった。それだけに、政府の後押しへの期待も高まる。

 しかし、こうした掛け声が、アフリカ市場における日本勢の競争力向上にすぐに結びつくかどうかは、まだ疑わしい。というのは、多くのビジネスマンや政府関係者のアフリカ観が、今もアフリカ市場参入への足かせになっているように見えるからだ。

欧米勢の「楽観」と日本勢の「悲観」

 日経ビジネス5月27日号の特集「アフリカ 灼熱の10億人市場」の取材のために、記者はナイジェリアを訪れた。そこで印象的だったのが、欧州や現地のビジネスマンの多くがナイジェリア経済の今後を「楽観」していたのに対して、日本のビジネスマンや政府関係者には「悲観」する声が比較的多かったことだ。アフリカ最大の市場になろうとしているナイジェリアに対する日本勢の悲観的な見方は、アフリカなど新興国市場に対する「ネガティブ思考」を象徴しているように思えてならない。

 もちろん、アフリカでの事業にはリスクは付きもので、市場に参入する際には徹底したリスク管理が欠かせない。それは、「アフリカのリスクを地図で見る」で書いたとおりだ。しかし、「悲観」が過ぎると、アフリカ市場への参入が遅れて事業チャンスを逃すことにもなりかねない。特に、欧米勢や中国など日本以外のアジア勢がナイジェリアに雪崩のごとく参入している現状では、日本勢との認識の差が気がかりだ。

 取材で聞いた「楽観」と「悲観」のエピソードを、それぞれ紹介したい。まずは、「楽観」から。

コメント3件コメント/レビュー

リスクを恐れずチャレンジしよう!という意気込みは良いのですが、相も変わらず無責任に煽るだけの記事ですね。アフリカが成長余地の大きい市場だというのは特に否定しませんが、そこで成功するために必要とするコストやリスクなどについて、殆ど触れていないどころか軽視しています。「私が行った時は大丈夫でした」だけで無責任に煽らず、せめて留意点や参考データでも提示して頂きたいものです。中国へ進出すべき、BRICsを見習え、いや東南アジアこそ有望だ、そして今回はアフリカですか。節操ないですね。利益と離れた個人的な意見としては、アフリカはアフリカ人の手で成長して欲しいと思っています。先進国の横やりで酷い事になった典型がアフリカです。可能ならば、先進国企業が市場を席巻するなどということが起こらないよう望むばかりです。(2013/06/18)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「アフリカ攻略、「ネガティブ思考」では乗り遅れる」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

リスクを恐れずチャレンジしよう!という意気込みは良いのですが、相も変わらず無責任に煽るだけの記事ですね。アフリカが成長余地の大きい市場だというのは特に否定しませんが、そこで成功するために必要とするコストやリスクなどについて、殆ど触れていないどころか軽視しています。「私が行った時は大丈夫でした」だけで無責任に煽らず、せめて留意点や参考データでも提示して頂きたいものです。中国へ進出すべき、BRICsを見習え、いや東南アジアこそ有望だ、そして今回はアフリカですか。節操ないですね。利益と離れた個人的な意見としては、アフリカはアフリカ人の手で成長して欲しいと思っています。先進国の横やりで酷い事になった典型がアフリカです。可能ならば、先進国企業が市場を席巻するなどということが起こらないよう望むばかりです。(2013/06/18)

飛んだり跳ねたりと首相自らの行動はいい。が記述によると後追い、火を見て対応、ご近所さんの動きに惑わされての感もなくはない。日本よ、真に大丈夫か。自らセールスマンの気概は諒としつつその一方、昨日今日の緊急支援ではない筈の予算的処置において、行動する人的スタッフにおいて、その貧困さを感じると共に、陣頭指揮やリーダーシップの発揮より一種の逃避行か何らかの意図的パフォーマンスに見えて仕方がない。そう言えばIT社会において如実に炙り出される外交官僚や大、中、小役人、そして与・野党議員の舌禍連発事件は目を、耳を疑うばかり。先進国を自負し、発展途上国への経済的な、加えて精神の高揚を核にした民主主義の輸出を言うなら、地に足をつけて、約束ですね、約束ですね、よろしいですね、よろしいですねと幾度となく念押しの憲法違反事案の是正を率先垂範やり遂げること。アフリカは日本、日本人を見ていると思います。(2013/06/18)

マスコミがビジネスに関して楽観を煽り続けてきた中国・韓国はどうなりましたか・・・?(2013/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長