• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者コメントから、もう一度女性の社会進出を考えてみました

再考・なぜ、日本女性の社会進出は、こんなにも遅れたのか

2013年6月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月11日に世界経済フォーラム主催のJapan Meetingが開催された。そのうち、ニコ生での生中継(しかもコメント付き)という史上初の試みがなされたセッションではスピーカーの半分が女性で、特に議論が盛り上がった論点は、日本女性の社会進出だった。

 以前の記事「なぜ、日本女性の社会進出は、こんなにも遅れたのか?」に対して、数多くのコメントを頂いた。今回は、いくつかのコメントを取り上げながら、さらに考えを深めてみよう。なお、コメントに対するやりとりなので、です・ます調で書かせていただく。

女性の社会進出が進むほど出生率が下がる?

 女性の社会進出が進むと、少子化に拍車がかかるのでは、という指摘がありました。

“この物書きは「日本は少子化で滅亡すべきである」という思想があるからこう言うこと言ってるのだろうな”
“労働者不足であるなら、女性の進出には大いに賛成ですが、 雇用不足の現状で女性や高齢者の雇用を奨励しても、 企業体力を奪い、少子高齢化に拍車をかけるだけでは?”

 女性の社会進出が進むにつれて、出生率が下がるという指摘はまことしやかに言われてきました。確かに、出生率が非常に高い(そしてそれゆえに幼児死亡率も高い)途上国においては、女性の社会進出が進むと出生率が下がるという傾向があります。それは、女性の社会進出が進むに連れて、収入を得る仕事に就かないことの機会費用が高まるため、と説明されてきました。過去においては、先進国でもそのような傾向がみられてきました。

 しかし、現代の先進国においては、女性の就業率の高さは出生率と逆相関することが分かってきています(下図参照)。よって、「女性の社会進出が進めば日本の出生率が更に下がる」という考え方は正しくないのかもしれません。

コメント88

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「読者コメントから、もう一度女性の社会進出を考えてみました」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長