• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

稲盛和夫はなぜこれほど世の関心を集めるのか

そのカリスマ性の謎を解く鍵は「クソ真面目な姿勢」

2013年6月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 強いリーダーシップはどのようにして生まれるのか。その源泉を訪ねるシリーズを稲盛和夫のケースから始める。

******

 「カリスマ経営者」「経営の神様」「平成の松下幸之助」など、稲盛については様々な異名が付いている。日本能率協会グループが2012年に実施した「新任役員の素顔に関する調査」では、「理想の経営者」のトップに稲盛が選ばれた。3年連続1位だった松下幸之助を抑えて前年の3位からの躍進である。

 雑誌、新聞などのメディアによく取り上げられ、自著もたくさんある。今さらと思われるかもしれないが、なぜ、これほど世の関心を集め、企業人の人気も高いのか。改めて考えてみると不思議である。

異業種の経営を可能にした不思議な感化力

 メーカーの京セラと通信会社の第二電電(現KDDI)という異質な2つの事業の創業に成功し、さらに異業種である日本航空(JAL)の経営再建を主導した。1つの事業で大をなすことでさえ容易ではないのに、なぜ稲盛は3つもできたのか。

 この2013年1月30日に満81歳の誕生日を迎えた。京セラではとうに名誉会長である。JALでも名誉会長になっていたが、3月末まで取締役として経営に当たっていた。80歳を超えて、つい最近まで現役の経営者だったわけである。

 こうしたことがどうして可能なのか。天才だからだと言ってしまえばそれまでだが、生身の稲盛には近寄りがたい鬼才という印象はない。特異な資質があるにしても、手が届きそうな努力の天才なのである。

 神がかり的だと違和感を覚える人もいるが、自著のタイトルにもしている「生き方」を若いころから懸命に模索してきた。品のない表現で恐縮だが、そのクソ真面目な姿勢が普通の人たちを引き付ける人間臭い魅力になっている。独特のカリスマ性の謎を解く鍵はそこにあるのではないか。

 異業種の経営を可能にしたのは、不思議な感化力を持っているからだろう。JALの植木義晴社長は、12年2月に専務執行役員から昇格した。1月に当時会長だった稲盛から次期社長の指名を受けた時、「おのれを捨てて社長業にまい進できるか。社員の喜び、笑顔を我が喜びにする決意があるか」と自問したという。

 これは実は稲盛が京セラを創業して経営者の道に入ったころから自問してきたことなのである。「無私でなければならないというのは稲盛さんから学んだことです」と植木は認めている。

コメント7

「森一夫が見た リーダーシップの源泉」のバックナンバー

一覧

「稲盛和夫はなぜこれほど世の関心を集めるのか」の著者

森 一夫

森 一夫(もり・かずお)

ジャーナリスト

1950年東京都生まれ。72年早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞社入社、産業部、日経BP社日経ビジネス副編集長、編集委員兼論説委員、コロンビア大学東アジア研究所、特別編集委員兼論説委員を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長