• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

不満爆発! そうだ「大統領」に立候補しよう

イラン大統領選と新大統領への期待

2013年6月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさま、初めまして。私、イラン人のエッテハディー・サイードレザと申します。このたび、日経ビジネスオンラインでコラムを書くことになりました。題して「100%イラン視点」。ここでは、日本ではほとんど知られていない「イラン・イスラム共和国」で生きる人々の暮らしや、日本に住む多くのイラン人の視点で見た“日本”について、分かりやすく、楽しく紹介していきます。

 イランと聞いてまず頭に浮ぶのは、石油があふれている砂漠、そして、核問題をめぐって国際社会と摩擦を起こしているイメージでしょう。2500年前に世界初の帝国を建設したペルシャですが、どうして2002年にはアメリカのブッシュ元大統領によって「悪の枢軸」と呼ばれる国にまで“成り下がった”のでしょうか。さらに、過去10年にわたり、国連安全保障理事会によるイランに対する経済制裁が行われた理由はいったい何でしょうか。その経済制裁は、実際にイラン人の暮らしにどのような影響を与えたでしょうか。

 一方、世界のメディアは「イランの脅威」を報道するばかりで、イランのユニークな自然や世界に誇れる由緒ある文化や遺跡などを、残念ながらほとんど伝えようとはしません。たとえイランに興味があっても、「イランは危ない」という懸念がつきまとい、イランへの旅を断念する方も多いでしょう。

 イラン人として、現在母国で実際に起きていることについての理解を深めていただき、ビジネスやレジャーの対象国として再認識してもらえるよう、この「100%イラン視点」を書き進めたいと思います。

神権政治での大統領選

 さて、連載の第1回は、先週行われた「イラン大統領選」の実態について解説しましょう。この大統領選ですが、実は686人もの人が立候補を希望し、資格検査を受けるために内務省で登録したことを、みなさんはご存じでしたか。「私も大統領になる!」と、686人もの人間が手を挙げる国、それがイランなのです。こんな国は、世界でも希ではないでしょうか。

 大勢の立候補希望者ですが、実際に政治に関わる活動をしたことのある人は、わずか40人に過ぎませんでした。無学の人もいれば、少し変わった人もいました。大学卒の無職の若者もいれば、タクシーのドライバーもいます。日本人の目から見ると、イランの大統領選挙は自由で、誰でも立候補できると思うでしょう。なぜそんなことができるのか。その背景を理解するために、イランの歴史と現実を見ていきましょう。

「イラン・イスラム共和国」誕生の背景

 世界初の帝国・ペルシャは、現在イランという名前で知られています。これまでの歴史において、たび重なる外部からの侵入があったにもかかわらず、イラン人にとって国王は常に神様のような存在でした。「神様、国王、庶民」という階層は、イランの歴史に深く根を張っています。

 20世紀初頭、初めてその体制を覆そうという運動が始まりました。インテリ階級の努力の結果、1906年に「立憲君主制」が設立され、憲法や議会といった考え方がイランの政治でも使われるようになったのです。ところがイギリスやロシアの干渉もあり、一般庶民が完全に理解できないまま、この立憲君主制は15年で終わりを告げます。21年のクーデターによってパフラヴィー朝が設立され、民主主義の夢は遠ざかりました。

コメント9件コメント/レビュー

テヘランはアジアのベネツィアと呼ばれていた(気がする)ほど、観光名所で、またイスラム国家だけども穏健派、より西洋に近いリベラルな国だったということでしたが、最近の原理主義政策で一番苦しんでいるのは国民の皆さんのようでした。このコラムのおかげで、中から見たイランが見れて面白いです。大統領選はアメリカも固唾をのんで見守っていました。もちろん、核問題の関係でですが。でも個人的にはインテリの多いイランの将来に期待しています。(2013/06/20)

「100%イラン視点」のバックナンバー

一覧

「不満爆発! そうだ「大統領」に立候補しよう」の著者

サイードレザ

サイードレザ(えってはでぃー・さいーどれざ)

コラムニスト・翻訳者

イラン生まれ。テヘラン大学外国語学部日本語学科卒業。韓国のインハ大学院政治・国際関係を専攻。現在、東アジアを中心にイランの通信ネットワークにて記事を寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

テヘランはアジアのベネツィアと呼ばれていた(気がする)ほど、観光名所で、またイスラム国家だけども穏健派、より西洋に近いリベラルな国だったということでしたが、最近の原理主義政策で一番苦しんでいるのは国民の皆さんのようでした。このコラムのおかげで、中から見たイランが見れて面白いです。大統領選はアメリカも固唾をのんで見守っていました。もちろん、核問題の関係でですが。でも個人的にはインテリの多いイランの将来に期待しています。(2013/06/20)

中東情勢というのは日本で手に入りにくい、というよりとっかかりが掴めないので、このコラムは非常に興味深いです。ぜひこれからも情報発信をお願いします。(2013/06/20)

おもしろいです!変化に富む美しい国土や立派な歴史があるのに「悪」のイメージが強かったイラン。きっとそこに住むのはわたしたちと変わりない人のはずなのに。政治が違うとのどのように人の在り方が違うのか。今のイランを知ることができるのは楽しみです。(2013/06/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表