• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

解禁直前 でも、政治家の裸はご勘弁

「もし仮に」で伝えるメッセージ

2013年6月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今週末は東京都議会議員選挙です。ネット選挙の解禁も近づき、何かが変わるのではないかという期待が一部では高まっています。果たしてネットの活用で選挙は変わるのでしょうか?

 この金曜動画ショーとしては、効果的なコミュニケーションという観点から、ネット選挙を見ていきたいと思います。

 具体的には、選挙に馴染みの薄い有権者が、どうすればもっと選挙に参加したくなるか、という観点です。

 これが明確になると、逆に言えば、候補者に投票してもらうポイントや、投票率が上がるポイントが見えてくるというわけです。

 選挙に限らず一般的な言葉で言えば、参加を促すコミュニケーションということになります。

 ネット動画はアイデアの宝庫。それでは今週もいってみましょう。

選びたいのに選べない。

 あまり馴染みのない有権者にとって、選挙の最大のハードルは「分かりにくさ」です。

 たとえば都議選の選挙公報をじっくり見ます。各候補のメッセージを順番に読みます。そして、もう一度見直します。でも、選べないのです。

 もちろん、候補者に差はあります。何を訴えているのかも分かる。地方選は自治体ごとなので、まだ選挙公報があるだけマシという意見もあるでしょう。

 ただ、選挙公報から受ける印象は、饒舌な営業マンが目の前にたくさんいて、自分の商品を買ってほしいと詰め寄られているような圧迫感です。これではよほどの選択眼がないと自信をもって選ぶのは不可能です。

 最近、何かを選ぼうとする時に、私たちは星マークの数を見ることが増えました。あるいは、ユーザーレビューを読む。買い物でも、宿泊先のホテルでも、頼りになるのは、先人の経験談と満足度です。

 それが100%信用できるとは思っていなくとも、何らかの参考にはしています。

 だからこそ、サービス提供側で真面目に取り組んでいる人ほど、まずはユーザー評価を高める努力をします。

 お客さんの満足度・評価を上げる。評価が上がればランキングで上の方に表示され、たくさんの人たちに見てもらえます。それが自分たちの実力と実績の証明にもなっています。

 ある意味、とても平等で、分かりやすいルールです。

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「解禁直前 でも、政治家の裸はご勘弁」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員