• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

弥生がベンチャーを支援するワケ

「木を買うな、山を買え」。宮大工の教えに共通する思想

2013年6月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中小企業や個人事業主向けに会計ソフトを提供する弥生という会社がある。1980年代末から会計ソフトを販売してきた老舗だ。2003年、ソニー出身の平松庚三氏が社長となり、当時インテュイットの傘下にあった「弥生ソフト」事業をMBOして弥生を設立。その後ライブドアの傘下に入るが、ライブドア事件で堀江貴文氏が失脚すると、平松氏はライブドア後継社長に就任。弥生はその後ライブドアを離れ、投資ファンド、MBKパートナーズの傘下に入る。

 傍目にはIT業界の有為転変に翻弄されたような企業だが、製品は一貫してユーザーから強い支持を得ている。主力ソフトは、会計ソフト「弥生会計」や申告ソフト「やよいの青色申告」。タレントの皆藤愛子さんを起用したCMを展開している効果もあって、経理業務に携わっていない読者も一度は耳にしたことがあるだろう。ちなみに「弥生(=3月)」というのは、たいていの会社が3月期決算であることにちなんでいる。

 会計ソフト市場で弥生は圧倒的なシェアを誇る。同社がジーエフケー マーケティングサービス ジャパンやBCNの調査を基に作成した資料によると2011年12月~2012年4月の市場シェアは本数が54.0%で金額が68.8%。市場シェアは年々拡大しており、2012年12月~2013年4月はそれぞれ、60.1%と72.8%に拡大したという。

ベンチャー支援に注力

 会計ソフト業界のガリバーと言える弥生だが、今後の事業拡大に向けてある取り組みに力を注いでいる。ベンチャー企業の支援だ。「1件当たり2000万~3000万円を、今後2年間をメドに総額で2億円程度、出資する計画」(同社の岡本浩一郎社長)と言う。

 ガリバーとはいっても弥生の2013年度の売上高は109億6000万円の見通し。営業利益は開示していないが、ベンチャー出資に2億円をつぎ込むのは決して安い金額ではない。同社にとっては、成長に向けた大きな投資であると言える。

 気になる出資先だが、5月29日には第1弾となる出資が発表された。出資先はクラウドキャスト(東京都・港区)。日本マイクロソフト出身の星川高志氏が2011年に設立したベンチャー企業であり、スマートフォン向けのアプリケーションやクラウドサービスの開発を手がけている。

弥生は5月29日にクラウドキャストへの出資を発表。弥生の岡本浩一郎社長(左)とクラウドキャストの星川高志社長(右)
 

 弥生にとってこの出資の狙いは、スマートフォン向け会計アプリの開発強化だ。もともと弥生が強みを持つのは、パソコン向けの会計ソフト。「スマホ向けに手軽に入力できるようなアプリには開発リソースを割り当てられていない。協業により外部の力を活用していく」(弥生の岡本社長)考えだという。

 企業の経理マンでさえ、パソコンに始終向かっているのではなく、外出先でスマホを使って書類作成をする時代だ。弥生は積極的に外部リソースを活用してスマホシフトを進めている。2011年末には、「弥生スマートフォンアプリコンテスト」と呼ぶイベントを開催。クラウドキャストは弥生の会計ソフトと連携可能なアプリ「bizNote for 弥生会計」を開発しグランプリを受賞した。今回の出資は、これがきっかけだった。

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「弥生がベンチャーを支援するワケ」の著者

佐伯 真也

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

家電メーカーで約4年間勤務後、2007年6月に日経BP社に入社。日経エレクトロニクス、日経ビジネス編集部を経て、15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授