• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

束縛もなんのその! 美を追求するイラン女性の戦い

“鼻の整形”が世界一な理由

2013年6月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

女性の衣装はイスラム国家で差がある

 大統領選結果の祝賀ムードに続き、日本同様、サッカーのイラン代表が2014年のブラジルワールドカップ進出を決めたことで、首都テヘランの至る所で大勢の男女があふれました。普段は屋外の群集に過敏なイラン政府ですが、どうしたことか今回は我慢強く、何の反応もありませんでした。

 しかし、予想通り政府は本性を現しました。6月19日にテヘランのアザディースタジアムで開催された、サッカー選手の歓迎式典への女性の参加を禁じたのです。先日まで男女共々大通りで騒ぐことを黙認してきた政府でしたが、結局、男女を分けたがる姿勢に逆戻りしました。

 その時、多くのイラン人の頭に浮かんだことは、多分同じでしょう。

 「そうか。この国はまだ何も変わってないね」

 イランがまだ変化していないことを示す証拠の1つは、男性サッカーを開催するスタジアム内への女性の立ち入り禁止。しかしもっと重要なのは、いまだに女性は自分の好きな衣装を着られないということです。

 イランの女性は衣装を自由に選べないと聞くと、最初に浮かぶイメージは何ですか。おそらく全身を黒い布で包み隠し、目しか見えない女性の姿でしょう。だとすると、あなたはまだ約70年前のイランのイメージが残っています。さらに言うなら、アラブ諸国であるサウジアラビアやアラブ首長国連邦などとイランのイメージは、メディアによって同一視されています。実は同じイスラム系国家であっても、各国の女性の衣装に対する考え方は大きく違います。イラン、トルコ、サウジアラビア、インドネシア、アフガニスタン、エジプトなどの女性の服装を見ると、その差異がよく分かると思います。

 同じイスラム主義国であっても、なぜ基準が異なるのでしょうか。衣装を国が決めるようになったきっかけは何でしょうか。女性の権利を求めるイランの女性はどのように抵抗しているのでしょうか。イランが一夫多妻制でなくなったきっかけは何でしょうか……。

 まず、イスラムの定型的な象徴である「ヒジャブ」の定義から見ていきましょう。

コメント4

「100%イラン視点」のバックナンバー

一覧

「束縛もなんのその! 美を追求するイラン女性の戦い」の著者

サイードレザ

サイードレザ(えってはでぃー・さいーどれざ)

コラムニスト・翻訳者

イラン生まれ。テヘラン大学外国語学部日本語学科卒業。韓国のインハ大学院政治・国際関係を専攻。現在、東アジアを中心にイランの通信ネットワークにて記事を寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長