• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本人の「普通」が中国人の「劣等感」を刺激する

2013年7月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 相変わらず好転する気配のない日中関係。先ごろ中国政府が「問題を棚上げにすること」を条件に、日中首脳会談を提案し、日本側が拒否していたことが明らかになったばかりだ。

 こんな状態が、かれこれ一年近く続いている。そんな中、私はずっと不思議に思っていたことがあった。日中の経済交流や人の往来はこれほど活発なのに、なぜ「日本のいいイメージ」は中国になかなか伝播していかないのか? インターネットがここまで発達し、情報量が増えてもなお、誤解が減るどころか不信感が増し、相互理解へと前進していかないのか? という素朴な疑問である。

 情報の伝達手段に問題があるのだろうか? あるいは、日中関係に関しては、人から人へと「正しい情報」が伝わりにくい何か特別な理由でもあるのか? 

 というのは、私はこれまで数多くの中国人と接してきたが、彼らの対日イメージがそれほど悪いとは どうしても思えないからだ。私が比較的親日的な人に会っているから、という要因もあるだろう。だが、親日的な中国人を媒介として、それ以外の大多数の中国から出たことのない中国人に、「本当の日本」について、もう少し正しい情報やいいイメージが広がってもよさそうなものではないだろうか?

 少なくとも「直接、日本人と袖すりあったことがある人」は、日本に対してそこまで悪いイメージは持っていない、というのが私の感触だ。お互いの生身の人間と接したことがあるやなしや? そこがその国のイメージの良しあしに影響を与える“分岐点”のように私は思う。

 私はくすぶっている思いを幾人かの中国人にぶつけてみた。

「帰国した時一番辛いのは日本の話題」

「昔日本に留学していたとき、一番つらかったのは旧正月に帰省して親戚一同が集まるときだったね。何かの拍子で日本のニュースが話題に上ると、伯父や叔母が一斉に日本の悪口をいい出すんだ。私が日本留学中なのはみんな知っているんだよ。でも全然気に留めない。私はただ黙ってうつむいて、黙々と料理を食べ、嵐が過ぎ去るのを待つしかなかったんだ……」

 上海で漢方クリニックを経営する陳偉彬(45歳)は10年前に帰国。私は数年に一度の割合で彼に連絡を取ってきたが、彼のこの言葉は7、8年前に聞いたものだった。先日、久しぶりに会ったので再度この話をしてみたのだが、「今でもあまり変わっていないよ。日本を嫌いな親戚はそのまんまだよ」という答えが返ってきた。

「仕方がないんだ。みんな日本に行ったこともないし、日本人とつき合ったこともないんだからさ。日本鬼子(日本の蔑称)のイメージしかないんだよ。反論していたらどうなっていたかって? 誰も自分のいうことなんて信じないよ。言うだけ無駄。言えば逆に総攻撃にあってしまう。だから日本を理解してもらおうなんてこと、もうあきらめたよ」

 今の彼の生活や仕事に“日本”はもうほとんど関係がない。日本留学で得た経験は人生の肥やしにはなっただろうが、彼と日本との縁は細くなっていく一方のようだった。

 以前、北京で知り合ったビジネスマン、謝文兵(50歳)にもメールで同様の質問を送ってみた。謝も10年以上日本企業で働いた経験があり、現在は故郷の北京に戻り、その中国法人で働いている。

「ああ、陳さんの気持ちは痛いほどよくわかりますね。私を含めほとんどの日本留学経験者が同じように苦い経験をしているんじゃないかな? 自分の場合は反論もしますよ。本当の日本はこうなんですよ、と自分なりに中国で日本の印象をよくしようと孤軍奮闘しているんです。でも、親戚や友人は何かひとつでもテレビで見た実例があると、それを盾にして日本攻撃に出てきます。そうすると、太刀打ちできなくなってしまうんですね……」

コメント80

「再来一杯中国茶」のバックナンバー

一覧

「日本人の「普通」が中国人の「劣等感」を刺激する」の著者

中島 恵

中島 恵(なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年、山梨県生まれ。1990年、日刊工業新聞社に入社。退職後、香港中文大学に留学。1996年より、中国、台湾、香港、東南アジアのビジネス事情、社会事情などを執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授