• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

被災地に行くたびに、いつも同時に2つのことを思う

2013年7月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イタリアから帰ったばかりだというのに、私は東北新幹線で岩手へ向かっていた。

 震災の年から4回目を数える「漫画家が岩手を応援するツアー」に後追いで参加するためだ。この連載でも書いたように、昨年のツアーでは交通事故に巻き込まれてしまったりしたのだが(「ボランティアツアー異聞」)、あれからはや1年が過ぎた。

 既に先発隊は前夜、もしくは早朝に出発。初回以来、毎回訪れている釜石は箱崎地区の皆さんの元に着いているころだ。私は不徳の致すところで原稿のUPが遅れたため、一人だけ半日遅れで追いかけるはめになったのだ。

 東京は連日の猛暑で、家を出たときも、うだるような暑さだった。
 Tシャツ短パン以外の格好は考えられないといった陽気だ。
 当然、そのような服装と準備で出かけた。

 だが、はやぶさ~やまびこと乗り継ぎ、雨の新花巻で降りたとき、あまりの気温の低さに驚いた。涼しい……を通り越して寒い。宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の一節「サムサノナツ」を思いだした。

 そこから、その賢治の銀河鉄道のモデルともされている釜石線の、3両編成の快速「はまゆり」に乗り変え、終点・釜石まで。本当は「はまゆり」の終点は宮古なのだが、震災により山田線はいまだ不通なのだった。3年経っても。

 ちなみに釜石線と山田線の各駅には、エスペラント語をよくした賢治にちなみ、エスペラント語による愛称がつけられている。遠野はフォルクローロ(民話)、釜石はラ・オツェアーノ(太洋)だ。

 釜石駅からはタクシーに乗る。ところが、このタクシーの運転手が、乗り込んで行き先を告げても、一言も返事をしない。走行中も沈黙は続いた。

 先発隊が泊まっている根浜海岸の旅館は、釜石の郊外、大槌湾に面した北のはずれにある。かつては、夏の日中であれば海水浴場として賑わったところらしいが、震災以降はガレキ処分場などもできて、夜ともなれば人気もなく寂しいところだ。既に午後8時をまわっており道は真っ暗で、しかも雨。私はちょっと不安になった。賢治の童話にときおり現れる幾つかの不気味なシチュエーションが脳裏をかすめた。

 幸いなことに何事もなくタクシーは旅館に着いた。
 メーターを見て料金を払うも、運転手はまだ無言だ。が、降りかけたとき、彼は初めて声を発し、私を呼び止めた。私は飛び上がりそうになった。

「レシートいりますかお客さん」

 レシートをもらって旅館に入ると、いつも我々の世話役をやってもらっている盛岡市議のいせ志穂さんがいた。いせさんは大人計画の伊勢志摩さん=『あまちゃん』の花巻珠子さんのお姉さんである。うながされ宴会場に入ると、まだ夕食が続いていた。私は意味のよくわからない拍手に包まれて、やっと同業者たちに合流した。

「よくたどり着けましたね、とりさん」

 それほど大変なことでもないだろう。私はスマホのナビゲートなどない時代から、住所さえわかればたいていの場所は自力でたどり着く自信がある。そもそもその言葉は、私よりも、むしろこのあたりに住む人に対して失礼ではないか。

 とはいえ、三陸に限らず、たとえば紀伊半島南部の太平洋岸などもそうだが、リアス式海岸のくぼみに点在する集落――それは津波で甚大な被害を受けやすいところでもある――へのアクセスは、確かにいずこも往き来するのが一苦労だ。それは間違いない。その交通の便の悪さが復興を遅らしている面もある。

 見ると、みんなの鉢や皿は手つかずでほとんど箸が進んでいない。聞けば、直前までいた箱崎の人々との宴会で、生ウニなど新鮮な海の幸を、たんまりご馳走になったのだという。

コメント7

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「被災地に行くたびに、いつも同時に2つのことを思う」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授