• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国「7.5%成長」のツッコミどころ

統計局トップが中国版「ニコ生」出演で示唆する一段の減速

2013年7月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月15日。中国は2013年4~6月期の実質GDP(国内総生産)伸び率を7.5%と発表した。

 地方政府の債務危機やら、短期金利の上昇やら、鉄鋼業など素材産業の惨状が伝えられる中、悪くない数字を「持ってきた」。

 辛うじて、つじつまが合わないこともない。GDPの過半を占める資本形成(設備投資や住宅投資を足し合わせたもの)は2割伸び、それだけで1~6月期の成長率を4.1%押し上げた。6月にマイナスに転じた輸出の成長率への貢献度は0.1%だ。

 中国政府が「景気の減速を甘受している」というのは間違ってはいないが、一方で急減速も望んでいない。中央政府の予算による公共投資は10%台後半の高い伸びが続いており、むしろ必死に景気を下支えしている。

 それでも、多くの人は感じたのではないか。「本当に、中国経済はそんなに強いの? 鉛筆、舐めてない?」

 国家統計局も、そのようなバツの悪さを感じたのだろう。翌16日、統計局トップの馬建堂局長が新華網(新華社のウェブサイト)でインタビューを受けた。この様子は動画で配信された。日本で言えば「ニコニコ生放送」出演といった趣だ。最後にはネットで寄せられた質問にも答え、(中国政府が良くやる手だが)親近感の演出にも腐心したりした。

 この番組で馬局長が強調したのは、

  1. 35年も高度成長を続けてきたのだから、ある程度の鈍化は当たり前
  2. だけど、当面はしっかり成長できるだろう
  3. 統計は真面目に作っているからガタガタ言うな

  の3点だろう。最後は、実にやんわりとした言い方だったが。

 インタビューの結果、もう少し待たないと発表されないようなデータもいくつか出てきた。弱音に近い発言もあったし、中国経済は悪くないと強調するための数値が、実は頭を抱えたくなるような内容だったりもした。なので、ごく断片的にだが、馬局長の発言を読み込んでいって、ツッコミを入れてみたい。

コメント2

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「中国「7.5%成長」のツッコミどころ」の著者

張 勇祥

張 勇祥(ちょう・ゆうしょう)

日経ビジネス記者

2012年から日経ビジネスの記者。転々と部署を異動してきた器用貧乏。それでも、何とか中国経済はモノにしたいと願う中年記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック