• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ツイッターで「予測」できた参院選の選挙結果

選挙結果は、実感に近かったですか?

2013年7月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 参議院選の結果が、自分の「実感」に近いものになった人は、読者の中にどれほどいるだろうか。

 ツイッターを使っている私の実感は、いつも現実とかなりずれる。去年の衆議院選挙のとき、私のツイッターのタイムラインは「選挙に行こう!」「そうだそうだ!」という声と、「憲法改正は避けるべきだろうし、自民の大勝は怖い」という声であふれていた。しかし、蓋を開けてみれば、投票率は過去最低、結果は(小選挙区という仕組みがあるとはいえ)自民党の圧勝となった。

 今日は、ツイッターやフェイスブックといったSNS(交流サイト)を見ながら考えたこの「実感と現実のズレ」と、その可視化について書いてみたい。

山本太郎氏と鈴木寛氏の東京選挙区

 今回の参議院選挙において個人的に最も象徴的だったのが、東京選挙区での候補であった山本太郎氏と鈴木寛氏だった。

 実は、私のツイッターやフェイスブックから見える風景は、圧倒的な鈴木寛氏支持だった。私がフォローしている人々の多くは、「これまでに必要な法律を通すのに尽力してきた」、「誰も知らないところで最も必要とされている仕組みづくりに尽力してきた」として鈴木寛氏を支持していた。ブログを書いたり、ツイッターやメディアを通じて支持を表明したりとしながら、かなり強烈にサポートしているように見えた。

 一方で、山本太郎氏に対してのコメントは冷ややかなもので、「放射能に関する発言には誤解していることが多い」、「大衆扇動をしているだけではないか」と手厳しかった。

 しかし、結果は逆。山本太郎氏が当選し、鈴木寛氏は落選した。私のタイムラインは、この結果について「絶望した」、「日本は終わった」と嘆くコメントであふれていた。 

 以前なら、大手メディアの世論調査ぐらいでしか知ることのできなかった「民意」が、今ならSNSで直接、個人の投稿を通じて見えるようになった。だから、SNSの意見を通じて、大手メディアよりも社会全体がよく見えるに違いない。そんな思いもあったが、現実にはそんなことはなく、むしろ逆だったのだ。

 今回の選挙結果は、日本にある「階層」を改めて可視化させてくれたように思える。

コメント27件コメント/レビュー

後半で何やら小難しいことを延々と口説いるが、人気タレントが所謂B層の注目を引くのはなにも山本太郎に限ったことでもあるまい。石原・橋下・榎木等々、数え上げたらキリが無い。鈴木氏の功績は注目に値するが、闇権力の政治を動かす喫緊のエネルギーには欠けるようだ。何よりも民主党ではイカンでしょう。(zako)(2013/08/04)

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「ツイッターで「予測」できた参院選の選挙結果」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

後半で何やら小難しいことを延々と口説いるが、人気タレントが所謂B層の注目を引くのはなにも山本太郎に限ったことでもあるまい。石原・橋下・榎木等々、数え上げたらキリが無い。鈴木氏の功績は注目に値するが、闇権力の政治を動かす喫緊のエネルギーには欠けるようだ。何よりも民主党ではイカンでしょう。(zako)(2013/08/04)

筆者を含めて今回の選挙に納得出来ない方が言うのが「モラルある賢い民衆が云々」ですが、たぶんプラトンの哲人国家みたいなのを理想としているのでしょう。歴史上、様々なユートピアが想定されてはいますが、結果として「愚かな」民衆の除外(多くの場合は虐殺)が繰り返されてきたことを忘れてはなりません。ユートピア志向の方は「自分たちのユートピアに相応しくない人」をどうするつもりなのか、良く考えていただきたいものです。(まぁ「教育する」というんでしょうけど、それって思想教育とか洗脳ですよね)(2013/07/31)

あくまで個人的な感情として。私も山本太郎さんの意見はいかにも扇動的で賛成できるものではありません。一昔前のトンデモ科学を思い出します。ただ合理性から離れた感情として「1人くらい彼のような必死で戦う熱い男がいてほしい」と言う思いもあります。選挙区で1人しか当選しないなら合理性で選ばれるかもしれません。でも5人のうちの1人ならいてほしい存在です。(2013/07/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長