• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界一美しい「砂漠」の魅力を教えましょう

イランを旅するならここへ行こう!

2013年7月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人が住めなくなったアシン村の夜空に見える星。砂漠でないと、こんなシーンが見ることはできません(写真提供:シャフラム・サルマニアン)

イランの長い夏休みの光景

 日本でも学校は夏休みに入ったでしょうか。イランの学校の夏休みは長く、通常は6月15日から9月20日までお休みです。また、イランではお正月になると3月15日から2週間の休みがあります。社会人もこのとき、約1週間の連休があります。

 休みになると、里帰りや旅行をするのはイランでも同じ。特に人気のある旅行先は、北部にあるカスピ海や南部にあるペルシア湾です。ほかにもイスファハンやシーラーズのような古代都市や、聖なる都市・マシュハドに向かう人も大勢います。面積で見ればイランは日本の5倍もあり、この広さのおかげで、ほぼ同時に四季を体験できる国だと言われます。

 イランは国土の約半分が砂漠やステップ気候で、3分の1が山脈で構成されています。そのため真夏の日中、イラン南西部にあるアフヴァーズ市では気温は50度を超えますが、中心部に位置するボルジェンでは14度を超えることなどまれです。また、南部や南東地域は乾燥しているので降水量がゼロなのに対し、北端部のラシュトは230ミリを超えます。さらに中部にあるヤズドでは水不足が発生しますが、北部地域の山頂にはまだ雪が残っています。

 こんなに気候に恵まれているからこそ、古代イラン人は遊牧民の生活を選んだのでしょう。最近は遊牧民の姿を見なくなりましたが、夏休みにイラン各地を移動する旅行者を見ると、まるで古代イランの遊牧民たちのようです。

 実は私の祖先も遊牧民でした。彼らが選んだ目的地は、遠くの海ではなく、ザグロス山脈のふもとでした。アケメネス朝の遺跡が残っているこの山ろくは、昔からイラン人にとって大切なエリアです。この地域では、冬は雪が積もるほどのひどい寒さですが、夏は涼しく気候に恵まれています。暑い砂漠やステップを渡り、この地域にたどり着いたイラン人にとって、ザグロス山脈のふもとは天国に思えたことでしょう。

 しかし、当時私が生きていたら、気候の快適な山ろくへは行かなかったでしょう。どうしてかって? だって、砂漠の美しい夜空を諦めることなんてことはできませんから。砂漠の夜空は、世界で一番美しい光景だと思います。

コメント2件コメント/レビュー

おお、何とステキな夜空なんだ大昔に、外国語大学を受験する時、ペルシャ語かビルマ語のどちらにするかとても迷ったことを思い出した。結局ビルマ語を専攻、その後苦しくも楽しい日々を送っているこの夜空を見ていると、ペルシャ語を学んだとしても、また別の苦しくも、楽しい日々が訪れただろうと思う 自分が来て宇宙になんの益があったか?  また行けばとて格別変化があったか? いったい何のためにこうして来り去るのか、  この耳に説きあかしてくれた人があったか?『ルバイヤート』(青空文庫より)(2013/07/26)

「100%イラン視点」のバックナンバー

一覧

「世界一美しい「砂漠」の魅力を教えましょう」の著者

サイードレザ

サイードレザ(えってはでぃー・さいーどれざ)

コラムニスト・翻訳者

イラン生まれ。テヘラン大学外国語学部日本語学科卒業。韓国のインハ大学院政治・国際関係を専攻。現在、東アジアを中心にイランの通信ネットワークにて記事を寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

おお、何とステキな夜空なんだ大昔に、外国語大学を受験する時、ペルシャ語かビルマ語のどちらにするかとても迷ったことを思い出した。結局ビルマ語を専攻、その後苦しくも楽しい日々を送っているこの夜空を見ていると、ペルシャ語を学んだとしても、また別の苦しくも、楽しい日々が訪れただろうと思う 自分が来て宇宙になんの益があったか?  また行けばとて格別変化があったか? いったい何のためにこうして来り去るのか、  この耳に説きあかしてくれた人があったか?『ルバイヤート』(青空文庫より)(2013/07/26)

仕事で何度かイランに出張する機会があり、その都度、テヘランでの交渉の合間をぬってシラーズやカスピ海などを訪れました。その中でも特にイスファハンはイランが豊かで歴史のある素晴らしい文化を有する国であることを印象づけられた街です。橋上に並ぶチャイハネ(喫茶店)で自然の涼を楽しむ、これほどの贅沢はあまりないのではないかと思います。(2013/07/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授