• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

メルマガから「ECサイト」に誘導するのは自殺行為!

CRMを大成功させる仕組みを考える(後編)

2013年7月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ネット広告からの誘導は「ランディングページ」が大原則

 「続・『売れる』ネット通販と『貧乏』ネット通販の違い」で話した通り、大原則として、ネット広告から誘導するサイトは「本サイト(ECサイト)」ではなく、必ず商品ごとに完全に独立した『ランディングページ』にするべきである!

 例えば「商品A」でネット広告を打ったら、そのリンク先のランディングページでは商品Aしか買えないページにすること。選択肢を与えず、余計な情報を省き、必要最低限のコアな情報だけ提供し、その一つの商品を売ることのみに集中したページを制作することだ。

 実際、最近は多くの広告主がネット広告を投下する「レスポンスステージ」において『ランディングページ』を制作している。

 ただし、仮に「レスポンスステージ」で『ランディングページ』を制作していても、間違いなく99%の広告主はCRM(Customer Relationship Management)の「引き上げステージ」や「リピートステージ」で、あらゆる商品が羅列されたメルマガを送り、あらゆる商品が羅列された本サイトに誘導して逆戻りしている。

 だから、メルマガから本サイトに誘導しても引き上がらないし、リピートもされない。失敗する“バカCRM”の典型だ!

コメント0

「目覚めよ経営者! 戦うネットマーケッター「LEO」」のバックナンバー

一覧

「メルマガから「ECサイト」に誘導するのは自殺行為!」の著者

加藤 公一 レオ

加藤 公一 レオ(かとうこういちれお)

売れるネット広告社 代表取締役社長

三菱商事、Havas Worlwide Tokyo、アサツーディ・ケイにて、一貫してネットを軸としたダイレクトマーケティングに従事し、担当した全てのクライアントのネット広告を大成功させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO