• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

生島ヒロシの“老活”のススメ

このコラムについて

 就活ならぬ、老活? 老活って何だ!?

 生島ヒロシ氏も還暦を過ぎ、62歳になりました。もう何年かすれば、高齢と言われる年齢にもなってきます。生島氏は、62年の人生+TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」放送15年のなかで、健康・人生・経営などで一家言を持つ、たくさんの方々からのアドバイスをもらい、そして自分自身が実践してきて確信したことがあります。

 それは、“ご機嫌な爺さん”になるための心構えとノウハウであり、老後の生活を成功させるための準備とチャレンジでした。これが「老活」です。

 日経ビジネスオンラインでは、生島氏に、この老活の肝心のところを披露してもらうことに…。老後になんとなく不安を持っている方、定年前後でどこか元気が出ない方、ぜひ、ご一読ください。生き生きできる将来が見えてくるはずです。

記事一覧

著者プロフィール

生島 ヒロシ

生島ヒロシ(いくしま・ひろし)

フリーアナウンサー

フリーアナウンサー。1950年生れ。米加州立大学ロングビーチ校卒、76年TBS入社。89年独立、生島企画室設立。FP、防災士、東北福祉大学客員教授他。『おばあちゃま、壊れちゃったの?』はベストセラー。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長