• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホを使いすぎて、バカになっていませんか?

一週間のうち10%は、ネットも本も使わず、自分で考えてみよう

2013年7月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 テクノロジーによって変化するメディアのあり方は、私たちの情報取得のありかただけでなく、私たちの思考プロセスにも影響を与える。例えば、タイプライターが発明されたあと、それを使いはじめたニーチェの文体は変化していったという。なぜそのようになるかというと、脳には可塑性というものがあり、状況に合わせてその機能を変化させていくことができるからだ。技術は私たちの認識のあり方を少しずつ確実に変化させると説いた、メディア論の泰斗、マーシャル・マクルーハンの慧眼には敬服せずにはいられない。

 現代のテクノロジー、特にインターネットが人間の脳にどのような影響を与えるのかについては、多くの研究がされている。いくつかの本のなかで、特にこのテーマに正面から挑んでいる本は、ニコラス・カーの「ネット・バカ」(原題は”The Shallows”)だろう。この本では、インターネットが私たちの脳にどのような影響を及ぼしているのかが述べられている。

 こういった人間の脳の変化に伴う思考力の低下は、かなり深刻な問題として議論されている。今回はそのことについて書いてみよう。

現代社会における私たちの脳

 様々な研究が示唆することは、現代社会において、インターネットを日々使っている私たちの脳は確実に変化しているということだ。

 まず、情報を探す能力や、膨大な量の情報を要約する能力は高くなった。Google検索を駆使して情報を探し出し、それをまとめて、多くの人が(実際にどうかはさておき)「ちょっと賢そうなこと」を言えるようになった。

 また、マルチタスキングも得意になった。これについては、「最新脳科学で読み解く脳のしくみ」という本で、サンドラ・アーモットとサム・ワンが述べているところでもある。私たちは、フェイスブックでチャットをし、Gmailでメールのやりとりをし、ツイッターで流れる情報を見ながら、資料を作るといったことが簡単にできるようになった。

 しかし一部の能力は退化してきている。一言でいうと、深く集中して何かを考える能力が落ちているのだ。

 会議中には自分の携帯のチェックをついついしてしまったり、仕事しながらメールやSNSでのコメントをチェックしてしまったりと、私たちの多くは注意散漫になり、落ち着いて1つのことをじっくりと考えることができなくなっている。分かりやすいまとめサイトのため、文脈のある長い文章を読み込む力も落ちている。情報が検索すればすぐ手に入る環境の中では、何かを記憶し続ける能力も低下している。最近、堀江貴文さんが「ネットの記事は長すぎる。すべてを400文字くらいにまとめたニュースサイトを作りたい」と話していたが、それもこういった私たちの性質の変化に沿ったものであるといえる。

コメント41

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「スマホを使いすぎて、バカになっていませんか?」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師