• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鉄は熱いうちに打て! 女性管理職を増やすカギは初期キャリアにあり

日経ウーマン発行人がスバリ!直言(中編)

2013年8月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

正社員の女性比率は27%。「黄金の3割」はいつに?

 「採用では女性の方が優秀、上から取っていくとほぼ女性になってしまうくらい。男に下駄を履かせないと、採用できなくなっているという感じだね」

 「草食男子っていうのかな? 男の子は覇気が感じられないけど、女の子は元気な子が多い」

 就活の取材をしていると、企業の採用担当者から、業界問わずそんな言葉をよく聞く。採用段階では、今は押しなべて女子学生の方が優秀なようである。

 『日経ウーマン企業の女性活用度調査2013報告書』(注)によると、2012年度の新卒採用正社員の女性比率は38.0%。2011年度は36.9%、2010年度は35.5%だったので、その比率は少しずつではあるが高くなっており、4割となるのも時間の問題のようだ。

(注)この日経ウーマン企業の女性活用度調査は上場、有力未上場4329社を対象。回答社数489社。調査期間は2013年1月中旬~2月中旬。調査実施は日経BPコンサルティング。評価指標と測定項目は以下の通り。
(1)「管理職登用度」女性管理職比率、女性の最高役職、女性役員の有無など
(2)「ワークライフバランス度」育児休業取得率、年間総労働時間、有給休暇消化率など
(3)「女性活用度」女性活躍のための専任組織、研修制度などのプログラムなど
(4)「男女均等度」女性社員比率、平均勤続年数、既婚女性比率など

 業種別に見ると、最も低いのは電機・精密の21.2%だが、保険(57.0%)、金融・証券業(53.5%)、個人向けサービス業(53.2%)など、既に新卒採用では女性が過半数を超える業種も出てきた。

 正社員に占める女性比率は27.2%である。これも2011年度は26.2%なので、少しずつ比率は高くなっている。読者の中には、もしかすると、もっと多い割合では、と思われる向きがあるかもしれない。

 しかし、職場に女性の姿がもっとあったとしても、それが正社員とは限らない。男性の場合、職場にいる人が正規雇用である確率が極めて高いが、女性の場合は、正社員のほかに、派遣社員、契約社員、アルバイトなど様々なワークスタイルが職場に混在しているからだ。同報告書によると、女性における正社員の比率は30.4%である。

コメント13件コメント/レビュー

一連の記事は深く読み解く価値があります。自分はもうすぐ65歳になる老人(男)です。「人事を制する者は組織を制す」という考え方で構造改革や企業再建を仕事にして来ました。男性か女性かの区別や、誤った優しさなどは有害な世界にいましたので、敢えて分かりやすく独断を述べますのでお許し下さい。女性が管理職になりたくない、役員になりたくない理由は、古い考え方に固まった無能な「男ども」の人生の面倒を見る(しかも男性よりも不利な環境下で)のが嫌だからです。 私は「3年育休」には全く反対で、男女ともに良い結果を生まないと思います。再建は心の再建が前提で、トリンプの吉越社長の「ノー残業デー」の発想が必要です。生産性向上は納期を決める事が大事で、通院・保育・産休等は、タイムマッチョな男性職員のサボタージュを許さず、時間内に本質的な仕事を完了する発想転換に効果的です。チームワークも良くなります。男性職員が地域社会に目を開いたり、社会貢献に関心を持つ切っ掛けになります。万一の時は、職場に幼児をつれて来させて、幼児の面倒はオジサンや若者に見させる上司がいると、業務改革が進みます。馬鹿な!と思われますか? 優秀な女性が嫌気がさすような行動を取ったり、褒め殺しで政治生命を絶ったり、ポジションを与えなかったりしていませんか?そんな「男ども」の将来を支える必要が無いと絶望して退社したら、「やっぱり女性は・・・」と思いますか?この記事は価値が無いと誤解した貴男の心の一部が、犯人かも知れません。失礼な表現をお詫びいたします。(2013/08/02)

「女性の活躍する組織の新常識」のバックナンバー

一覧

「鉄は熱いうちに打て! 女性管理職を増やすカギは初期キャリアにあり」の著者

麓 幸子

麓 幸子(ふもと・さちこ)

日経BPヒット総研所長・執行役員

1962年秋田県生まれ。1984年筑波大学卒業。同年日経BP社入社。2011年12月まで5年間日経ウーマン編集長。2012年よりビズライフ局長に就任、日経ウーマンや日経ヘルスなどの媒体の発行人となる。2014年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一連の記事は深く読み解く価値があります。自分はもうすぐ65歳になる老人(男)です。「人事を制する者は組織を制す」という考え方で構造改革や企業再建を仕事にして来ました。男性か女性かの区別や、誤った優しさなどは有害な世界にいましたので、敢えて分かりやすく独断を述べますのでお許し下さい。女性が管理職になりたくない、役員になりたくない理由は、古い考え方に固まった無能な「男ども」の人生の面倒を見る(しかも男性よりも不利な環境下で)のが嫌だからです。 私は「3年育休」には全く反対で、男女ともに良い結果を生まないと思います。再建は心の再建が前提で、トリンプの吉越社長の「ノー残業デー」の発想が必要です。生産性向上は納期を決める事が大事で、通院・保育・産休等は、タイムマッチョな男性職員のサボタージュを許さず、時間内に本質的な仕事を完了する発想転換に効果的です。チームワークも良くなります。男性職員が地域社会に目を開いたり、社会貢献に関心を持つ切っ掛けになります。万一の時は、職場に幼児をつれて来させて、幼児の面倒はオジサンや若者に見させる上司がいると、業務改革が進みます。馬鹿な!と思われますか? 優秀な女性が嫌気がさすような行動を取ったり、褒め殺しで政治生命を絶ったり、ポジションを与えなかったりしていませんか?そんな「男ども」の将来を支える必要が無いと絶望して退社したら、「やっぱり女性は・・・」と思いますか?この記事は価値が無いと誤解した貴男の心の一部が、犯人かも知れません。失礼な表現をお詫びいたします。(2013/08/02)

電通総研が、子供をもつ主婦3000人にアンケートしたところ、職場復帰希望者は18.8%で、その方々が”全員職場復帰できた場合”の経済波及効果は、約6.4兆円だそうです。約500兆円の日本のGDPからすれば、女性労働力をフル活用できたとしても、現在の経済水準の現状維持というのが正直なところで、日本全体のGDPをも押し上げるようなエンパワーにはなるかどうかは微妙なのです。現代女性は、昔と違って仕事と出産や子育てを両立を実現させることが、もはや女性としてのデファクトスタンダードになりつつあります。昔のような専業主婦のような生き方がなかなかできず、右向け右的に女性のライフワークバランスというものがかえって画一化されているような風潮さえ感じます。この記事もまた、”女性=管理職を目指せ!”的な大本営発表のような思想が滲み出てますよね。嗅覚の鋭い女性って、こういう右向け右的な風潮に息苦しさを感じて、結婚や出産のライフイベントによって、家庭に引っ込んでしまうでしょう。女性に、右向け右的な価値観を押し付けようとすると、かえって離職者を増やすだけです。(2013/08/01)

男女関係なく、若手社員に20代の内に一皮むけるほどの仕事を任せているような企業はどれだけあるんだろう。特にこの10年ほどの間にそうやって今の中堅を育てられた企業がどれだけいるだろう。(2013/08/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長