• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

楽天がJALを買い取る日がくる?

どうなる、これからの旅行業

2013年8月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 夏休み。旅の季節だ。私は訪問国数95番目の海外旅行に挑戦…したいところだが、やめた。行って楽しい国は残っていない。あとは内戦中とか大海の孤島ばかり。“修行”は秋に持ち越し、夏は国内でエアコンを頼りに過ごす予定だ。さて、読者の皆さんも海へ、山へと旅を控え、ウキウキの方が多いだろう。今回は「旅行業」について考えてみたい。

 旅行者の数は2004年以降ずっと減り続けてきたが、2009年を底に増えている(図1)。旅行業の総取引高は約6.3兆円(2011年)。金額は2007年の8.2兆円をピークに、じわじわ減っている。特に国内パック旅行の落ち込みが目立つ(図2)。旅行代理店の経営はどんどん苦しくなっている

 しかし、大学生の人気就活ランキングの上位には依然JTBが入っている。「ダイヤモンド就職先人気企業ランキング2013版」によると、文系女子で7位、文系男子で40位である。旅行業は華やかで人々を喜ばせるので、人気がある。しかしビジネスとしては先行きが不安だ。

顧客の視点に立って旅行業を上・中・下に分ける

 要するに「旅行者は増えているのに旅行業は縮小している」。この事実に注目し、私たち上山ゼミでは、顧客の視点から旅行業を再定義した。その上で上流・中流・下流に分類して、それぞれの将来戦略を考えてみた(図3)。

 上流とは、旅行代理店だ。役割は、パック旅行などの魅力的な商品を企画し、人々に「そうだ、旅に出よう」と思わせることだ。私たちの身の回りには、飲み会やゴルフなど、家族やグループで行う娯楽がいくつもある。そのなかから人々の“時間”と“お金”をどうやって旅に振り向けさせるか、これが、旅行代理店の腕の見せ所だろう。

 中流とは宿泊と交通の事業者である。鉄道、バス、飛行機、ホテル、旅館などでおしなべて投資額が大きい。ホテルは1棟200億円、航空機も1機で200億円かかるらしい。なお、資本投下したら、室(席)は埋めなければならない。つまり固定費の回転率を上げる。空室(席)を減らし、かつ、できるだけ高く売るために様々な工夫をする。ITを駆使して、当日予約だの早割だのも編み出してきた。この種のシステム投資は零細事業者には難しい。そこで、航空や高級ホテルではグローバル大手によるチェーン化が、中級のホテルや鉄道では国内大手による囲い込みが進む。

コメント9

「上山信一ゼミの すぐそこにあるブルーオーシャンを探せ」のバックナンバー

一覧

「楽天がJALを買い取る日がくる?」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック