• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「風立ちぬ」戦慄の1カット

2013年8月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 青写真を確認した堀越二郎が自分の机に戻り、着席後身をかがめて床のカバンから計算尺を取り出し、椅子を前に引いて作業を始める一連の動作の1カット。

 飛行シーンよりもモブシーンよりも、その作画と動画に戦慄した。

 スタジオジブリ最新作、宮崎駿監督の「風立ちぬ」は、ずばぬけた航空技術者であった堀越二郎を、ずばぬけたアニメ職人が描写するという職人映画だ。

 もはや宮崎アニメと村上春樹作品は、新作がリリースされれば、人は皆なにがしかの感想なり批評なりを述べなければいけないような雰囲気になっている。誰からいわれたわけでもないのに、おのれの見解と立場を表明しなければいけないような圧力が、少なくとも私のTLには充ち満ちる。かくして多くの人は、他人の顔色をうかがいながら恐る恐るつぶやく。

 求められてもいないのに。

 いや、批評家や評論家の人はいいのですよ。それが仕事だから。

 こう見えても私は本業でマンガ家をやっているので、他人の、とくに自分に近いジャンルの創作物の批評には慎重だ。あたりまえだ。発する言葉はすべて自分に返ってくるからだ。

 そういうことに覚悟を決めて、あるいは棚によじ登って、あるいはまったく無自覚で、気軽に辛辣な感想をつぶやいている創作者もいるけれども、あいにくなのか幸いなのか、私は覚悟も棚も無自覚も持ち合わせがないので、求められていなければ、たいていの場合スルーする。

 私が文章でなにかしら長めのことを書いているときは、だから、多くは「求められた」(=原稿を依頼された)場合だ。それも「好き」で「褒め倒したい」ときに限られている。批判したいことがあれば、それはマンガでギャグネタにすればいい。

 要するに、なにがいいたいかというと、頼まれてもいないのに(このコラムの毎回のテーマは筆者に任されている)「風立ちぬ」の感想を書くなどというのは、私にしては極めて珍しい行為だということだ。

 つまり、この作品が大好きだ、ということだ。

 宮崎アニメの中では「ルパン三世/カリオストロの城」と同じくらい「無理なく」好きといえる。90年代以降のジブリアニメの中ではいちばんかも知れない。

 いや、なんだかんだいっても、宮崎アニメは常にある一定の水準で、自分の「好き」ランクには入ってくる。しかし、毎回なにかしらのひっかかりがあったのも事実。それが今回はごく自然に自分の中にすっと進入してきたので、我ながら驚いている最中だ。

コメント11

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「「風立ちぬ」戦慄の1カット」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長