• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

計り知れないオリンピック招致の価値

9月7日に東京は選ばれるのか

2013年8月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さん、今年の9月7日が何の日かご存じですか。約2週間後に迫ったこの日、いよいよ2020年オリンピック・パラリンピックの開催都市が決定します。

 昨年5月の段階で、東京は他の立候補都市であるマドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)に比べて国内での支持が少ない点がマイナスと評価されていました。その時、IOCが発表した世論調査によれば、招致賛成の比率はマドリード78%、イスタンブール73%に対して東京は47%と大きく水をあけられる結果でした。

 ところが今年3月のIOC支持率調査結果では、東京で70%、全国(東京以外)でも67%と急上昇。また東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会の支持率調査では77%と、いよいよ盛り上がりを見せています。僕の知り合いのJOC竹田恆和会長も、東京でオリンピックを開催し日本を元気にしたいという強い想いを持って、世界中を奔走しながら日本をアピールしておられます。もっとも我々日本人の国民性からして、9月7日に開催が決まれば更に盛り上がることでしょう。

 世論が東京招致に前向きとなったターニングポイント、と聞いて皆さんはどんな場面を思い浮かべますか?僕は、昨年のロンドン五輪後に東京・銀座で行われたメダリストの凱旋パレードが大きな転換点だったのではないかと思います。あれは史上最多38個のメダル獲得を記念して開催されたものですが、大きなマーケティング効果がありました。急遽開催が決定したにも関わらず、平日に50万人も集まったことには海外の人たちも驚いていましたし、国内でも、東京でオリンピックのあの感動を直に味わいたい、目撃したいという機運が老若男女問わず高まりましたよね。

 2012年に行われたロンドン五輪を会場やテレビ中継で観戦した人は、世界中で約60億人とされています。アスリートたちが頂点をかけて競い合う世界最大のスポーツの祭典ですから、皆さんも感動したシーンがいくつもあるのではないでしょうか。僕自身もテレビ観戦していて感動の涙を流すことがあるのですが、思えば他人がスポーツしている姿を観て泣けてくるというのは不思議なことですよね。スポーツの魅力というのは計り知れないとつくづく感じます。

 オリンピックの東京開催が決まれば、東京がそんな感動発信の中心地となるのです。オリンピック・パラリンピックを東京で開催する経済効果は3兆円ともいわれますが、それとはまた違った意義もあると僕は考えています。世界最大のスポーツの祭典を安全かつスムーズに、そして環境にも配慮した形で運営し、世界に発信することができれば、東京のブランド価値を大きく高めることとなるでしょう。

コカ・コーラとオリンピックの深い関係

 私が日本法人の社長、会長を務めたコカ・コーラは、1928年のアムステルダム大会から100年近くオリンピックを支援してきました。サッカーワールドカップも1930年の第1回ウルグアイ大会から支援していますが、それ以上に長い歴史を持っているのです。オリンピックを支援する事で、人々に感動を届ける。こうした活動もブランド価値を高めてきたひとつの要素なのです。

コメント0

「魚谷雅彦の 目指せ!マーケティングの国ニッポン」のバックナンバー

一覧

「計り知れないオリンピック招致の価値」の著者

魚谷 雅彦

魚谷 雅彦(うおたに・まさひこ)

ブランドヴィジョン社長

1954年生まれ。同志社大学卒業後、ライオン入社。2001年、日本コカ・コーラ社長。06年より11年まで会長。07年にブランドヴィジョンを設立。07年7月より10年6月までNTTドコモ特別顧問。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長