• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「恋人に会う旅費?食費に公共料金?、5万ドルも使い込んだ!」

皆に嫌われていた元COOの経費流用が発覚

2013年8月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「心残りはママCFOの連載です。最近原稿が来ないようですが、ついに倒産して夜逃げしたとか、そういうことではありませんよね。気になっておりまして・・・」

 これは日経ビジネスの副編集長だった方のコメントだそうである。先頃、異動されたが、別部門に移る直前まで本連載の行く末を懸念されていたという。誠に申し訳ない。

 なぜ伝聞として書いているかというと、元副編集長と面識はないからだ。ラスベガスの弱小企業を経営しているママCFO(最高財務責任者)の七転八倒話をこれまで20回にわたって書いてきたが、私の担当編集者はずっと同じ人である。

 私が一晩か二晩で一気に書いた原稿を担当編集者が編集し、日経ビジネスオンラインに送ってくれる。その受け手が日経ビジネスの元副編集長であった。有り難いことに元副編集長は拙文をしっかり読んでくださり、「なぜこの社員を解雇しないのか」とか「もっとしっかりした人を探して雇ってはどうか」とコメントを寄せてくださった。

 厳密には元副編集長が私の担当編集者に伝えたコメントを、「こんなことを言われました」と担当編集者が教えてくれたのである。もっともな意見ばかりで有り難いと思いつつ、恐縮していた。

 5月に20回目の原稿を提出してから、またしても音信不通になったのは事実である。7月に入ると担当編集者からメールが送られてきた。

 「日本は結構暑いですがラスベガスはもっと暑いでしょうか・・・。暑中見舞い(?)メールでした」

 これが全文である。行間を読むと「元気なら原稿を書け」ということだ。

 だが返事をなかなか出せなかった。ラスベガスは40度を超える日が続いているが、これが普通なので仕方ない。暑かったからではなく、第2四半期の決算作業に忙殺されていたため、原稿もメールも書けなかった。

 心配されていた元副編集長のために決算報告をすると、第2四半期は経費削減と売り上げ向上努力のおかげで業績は好転、赤字に終っていた第1四半期に比べ、かなりの最終利益を計上できた。債務も相当返済でき、弊社を建て直す目処はなんとかたった感じである。

 今年1月からCFOに戻り始めた私は、3月からCFO完全復帰を余儀なくされ、第2四半期中に怒涛の勢いで社内のあらゆるコストを見直し、組織を大きく変えた。主人のCEOもまた怒涛の勢いで営業し、第2四半期に100万ドルを優に超える売り上げを達成した。

 そう言えば本連載の副題は『“ママCFO”の奮闘記』だが、正式題名は『資本金ゼロで年商500万ドル』であった。今の勢いを実続できれば題名通りの業績を達成できるかもしれない。身内を誉めるのは少々はしたないが、営業マンとして見る限り、主人は大したものである。

コメント6

「資本金ゼロで年商500万ドル」のバックナンバー

一覧

「「恋人に会う旅費?食費に公共料金?、5万ドルも使い込んだ!」」の著者

上田 尊江

上田 尊江(うえだ・たかえ)

Artform LLC CFO

マネジメントコンサルタント、オンライン証券会社の創業、海外企業の日本参入支援など手がけた後、2006年より渡米、TransAction HoldingsおよびartformのCFO。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長