• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

武雄市図書館をけなすヒマがあるなら、読書人口を増やせ

「競合共創モデル」が生み出す広大なブルーオーシャン

2013年8月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どれだけクールビズと言われても、ダークスーツを脱げない人たちがいる。オジサンだ。そのオジサンたちがこの夏一番たくさん集まっている暑苦しい……いや、ホットな場所が、佐賀県内にある。2013年4月にリニューアルオープンした武雄市図書館だ。オジサンたちの職業は、商業デベロッパー、記者、出版人、行政パーソン、政治家、学者などさまざまだ。実は、この5月に筆者もオジサンの1人として行ってきた。

 武雄市の図書館は、もともとは全国各地によくある市町村立図書館の1つでしかなかった。そこがリニューアルを機に、TSUTAYA(書店とDVDなどのレンタルショップ)とスターバックスコーヒーを招き入れた。それで一躍、日本で一番視察訪問が多い図書館になった。地元の利用者も、わずか3カ月で一昨年1年分の約26万人に達した。

 衝撃的なのは、図書館と書店という、本来は商売敵の関係にあるものが、一カ所に共存していることである。

 最近は市民サービスの充実と称してベストセラー本を何冊も揃える公立図書館が多い。そのため書店関係者は「図書館が近くにあると本が売れない。営業妨害だ」と主張する。

図書館が神聖かどうかは、読者にとってはどうでもいい

 一方で、図書館関係者は「書店やカフェ、レンタルDVDと公立図書館を一緒に扱うのはいかがなものか」と首をかしげる。「図書館は社会教育施設。公的かつ神聖な存在だ」というのがこれまでの公立図書館の常識だったのだ。

 しかし、利用者からみれば、どっちも本の供給者であり、買うか借りるかの違いでしかない。そもそも読みたい本がそこにあるかどうかが一番大事で、施設の性格は二の次のはずだ。

 実は、「図書館VS本屋」の話は、商店街に進出してきたスーパーの鮮魚コーナーと地元魚屋の間の対立劇に似ている。本も魚も、需要自体が縮小し、このまま何もしないでいると、両方ともダメになっていく。

コメント54

「上山信一ゼミの すぐそこにあるブルーオーシャンを探せ」のバックナンバー

一覧

「武雄市図書館をけなすヒマがあるなら、読書人口を増やせ」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者