• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マックとマイクロソフト、有名経営者の辞め方

2013年8月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本マクドナルドの原田社長が退任を発表しました。前後してマイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏も1年以内に交代することを宣言。有名社長の退任はそれ自体が時代の変化を感じさせます。

 ニュースが流れた時に思いを巡らせたのは、退任のタイミングは一体どのようにやってくるのか、ということでした。有名であるがゆえの違いが何かあるのでしょうか。

 今回は、そんな問題意識をもとに、動画を参考にしながら考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫。それでは今週もいってみましょう。

就任時に持っている辞め時の心積もり

 メディア対応のトレーニングを専門にしている関係で、就任直後の新社長のところにお伺いするケースがよくあります。タイミングとして多いのは、株主総会で就任が決定した後の、「新社長紹介」のメディア取材が入る前です。

 実際の取材を想定した質疑応答を練習していくのですが、さすがにトップになる方は、通常のやりとりで躓くことはまずありません。

 ただ、それではトレーニングにならないので、時々ひっかけ問題のような質問をします。たとえばこんな具合です。

 『前社長、前々社長は5年間で交代されましたけど、目安としてこの先5年後までに、これをぜひ実現したい、ということは何かありますか?』

 すると、多くの新社長は、こう答えます。

 「5年のうちには〇〇にしておきたいと考えています」

 これを聞いて間髪入れずに質問します。

 『今、5年のうちには、とおっしゃいましたが、5年で交代されることを意識されているのでしょうか?』

 そこで「あっ」という表情になります。

 実際にいつの段階で次に譲るかは、もちろん決まってはいませんが、数々の新社長にトレーニングをしていて感じるのは、少なくとも就任の時点で、「いつごろ辞める」という何らかのイメージと、「それまでにこれをやろう」という意思を持っているのは確かです。

コメント0

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「マックとマイクロソフト、有名経営者の辞め方」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官