• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イランでは1年間の半分が休日

「怠け者」ではなく「楽しく暮らしたい」国民

2013年9月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本人は仕事に対して勤勉なことで知られています。ところが、最近はその評価が変わりつつあるようです。先日、日本の色々な企業で働いた経験を持つ外国人の感想を載せた記事を読みました。そこには、90年代には世界各国の企業の理想モデルであった日本の企業文化が、今では批判の対象になっていると書いてありました。これは驚きの事実でした。

 私が自分で日本の企業文化を経験したのは、イランにある日本の会社だけです。それも通訳者としてJICAの専門家と同行する仕事。実際に企業文化に触れ合う機会はありませんでした。それでも当時、「イラン人は日本人の仕事のやり方に憧れ、日本人と同じように効率的に働くことを望んでいる」という話をよく耳にしました。

 以前、「イスラム主義日本」を目指すイランの政治家がいました。「イスラム主義日本」とは、イスラム主義を守りつつ、日本と同じように経済を発展させることを目指すことです。しかし、これらの政治家はいまだに夢を実現することができていません。

 イランは、豊富な資源に恵まれているにもかかわらず、日本のように発展できていない。これは、なぜでしょうか。そして、日本人のビジネス・パーソンがイランに派遣された時にどんなことに注意するべきでしょうか。この質問の回答を探りながら、イランと日本の労働文化を比較してみましょう。

資源が多いけど怠け者ではない

 まず、イランの経済発展について。イランをはじめとする中東の国々が発展できないのは、「豊富な資源に恵まれているからだ」と単純に信じている評論家が数多くいます。この議論は「資源があるから、国民は怠けて働かない」と解釈できます。この解釈はカタールやクウェートなど、人口が少ないにもかかわらず、多くのガスや原油を輸出している国々に対しては正しいかもしれません。しかし、イランやイラクには当てはまらない議論だと思います。

 イラン人は「怠け者」ではなく「楽しく暮らしたい」国民なのです。楽しく暮らしたいので、仕事についてすごく甘い考え方を持っています。イラン人はまず「明日」より「今日」を優先します。「今日」だけを考えているので、一夜のうちに金持ちになりたいと思い、規則を簡単に破る可能性が高まります。

 歴史家によると、古代イランは他の国によって頻繁に侵略された。このため、イラン人はだんだん未来のことよりも現在のことを大事に考えるようになった。そして、「明日」を心配することより「今日」を楽しむことを優先する考え方が今に残ってしまったとのことです。さらに、こう考える歴史家もいます――戦争が起こった時に速やかに逃げ出すためには、他人のことを考えている暇はない。自分を最優先するのが当然だ。

 では、「楽しさを優先」するイラン人の考え方が現在のイランの状況を生んだのでしょうか。

コメント5件コメント/レビュー

休日の話ですが、どう見ても公平な見方では内容に思われます。まず、休日の数が二つのカレンダーを使っているせいで多いという話ですが、世界中で宗教上大切な日は休日だと思います。キリスト教のクリスマス、イースターは有名です。日本でも年間15日は休日ですし、そのほかに正月休み、お盆休み等があります。有給休暇は特別にイラン人が多くとるわけではなく、欧米でも普通に有給休暇を取り、例えば南欧でのバカンスは有名です。また世界では木金が週末という国は、土日が週末だという国のように沢山あります。別にイラン人だけが休日が多いというわけではないというのは、比較すればすぐわかることです。世界標準に比べて働く日数が少ないわけではありません。それをコラムのような書き方だと、イランだけが働く日数が特別に少ないようにしか受け取れません。もう少し書き方に気をつけたほうがいいのではないでしょうか。(2013/09/09)

「100%イラン視点」のバックナンバー

一覧

「イランでは1年間の半分が休日」の著者

サイードレザ

サイードレザ(えってはでぃー・さいーどれざ)

コラムニスト・翻訳者

イラン生まれ。テヘラン大学外国語学部日本語学科卒業。韓国のインハ大学院政治・国際関係を専攻。現在、東アジアを中心にイランの通信ネットワークにて記事を寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

休日の話ですが、どう見ても公平な見方では内容に思われます。まず、休日の数が二つのカレンダーを使っているせいで多いという話ですが、世界中で宗教上大切な日は休日だと思います。キリスト教のクリスマス、イースターは有名です。日本でも年間15日は休日ですし、そのほかに正月休み、お盆休み等があります。有給休暇は特別にイラン人が多くとるわけではなく、欧米でも普通に有給休暇を取り、例えば南欧でのバカンスは有名です。また世界では木金が週末という国は、土日が週末だという国のように沢山あります。別にイラン人だけが休日が多いというわけではないというのは、比較すればすぐわかることです。世界標準に比べて働く日数が少ないわけではありません。それをコラムのような書き方だと、イランだけが働く日数が特別に少ないようにしか受け取れません。もう少し書き方に気をつけたほうがいいのではないでしょうか。(2013/09/09)

この連載、知的でクールな内容がとても面白いです。毎回イランに対する私の偏見の目を改善してくれるのですが、それにしても日本のサラリーマンとしてはどうしたもんでしょうねえ(笑)。目先の利益を図ってスピーディーにやれ、といわれてもねえ。(2013/09/05)

100%イラン視点のテーマで、このエッテハディ氏が書かれたイランとイラン人の欠点が全て正しいかどうかはわかりません。私は、日本とアメリカのハーフとして、またそんなにナショナリストというわけでもないのですが、これだけは言えます。その欠点にひとつ最大の欠点を付け加えるとするならば、それはイラン国外の一部のイラン人たちが、国外で平気で自国の悪口を言い、それによって自分の国のことをわかってもらえると思っていることです。私はこのことが一部のイラン人たちの最大の欠点だと思います。普通に自分の国のことを褒めるのが何も悪いこととは思いませんし、逆に自分の国の悪口を言うのはおかしいと思います。今回の表題も、それだけ見ればイランの人はどういう理由があるにしろ働かない人たちであると言っているように感じますし、謙遜しているのではなく、自国を非難しているとしか思えません。2013・9・5深田 恭子(2013/09/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長