• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

江川よ、桑田よ、監督になる前にぜひ一度!

気が早いストーブリーグの話題をコーチから

2013年9月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 好チームに優れたコーチ陣あり、である。V9巨人を支えた参謀の牧野茂をはじめとしたコーチらの功績は、野球ファンの間でよく知られている。

 集めた人材が戦力になるもならないも、コーチの腕次第。その編成は、チーム作りの中で最も重要だとも言える。だが、監督の手腕は話題になっても、コーチの技量が脚光を浴びることは少ない。

 試合前に敵味方が談笑することはコミッショナー通達で禁じられている。懸命に応援するファンに真剣味を欠く印象を与えてはいけないからだ。

 それはそれとして、同じ“野球村”でメシを食う仲間である。3連戦が始まる前のグラウンドで、遠征してきた選手が真っ先にするのは、母校や郷土の先輩、以前に世話になった監督やコーチへの挨拶だ。

 8月末に京セラドームで行われたオリックス対日本ハム戦では、オリックスのヘッドコーチ、福良淳一が挨拶ラッシュを受けて大忙しだった。

 同コーチは昨シーズンまで、日本ハムのヘッドコーチとして監督の栗山英樹を補佐した。契約切れで退団すると、オリックスからすぐに声がかかった。優秀な戦略アドバイザーであるうえに、コーチ陣のまとめ役としてもソツがない点が買われたのだ。

 さらに、儀礼的な挨拶を超えた日本ハム勢の様子と合わせて見ると、同コーチがいかに選手に慕われていたかが分かる。仮に日本ハムのユニホームを着たままだったら、大谷翔平の投打二刀流に関して、本人と栗山にどのようなアドバイスをしただろうか。今は大谷を打ち込み、そのバットを封じることを考える立場。「よそのことは…」と言葉少ない。

 福良が去った日本ハムは、大胆にコーチ陣を改造した。

 栗山は、就任したばかりの昨年は「チームのことを一番よく知っているのは、これまでやってきたコーチたち」と言い、全員を留任させた。日本ハムではチーム編成は球団が主導する。この時、栗山の意見がどこまで取り上げられたのか。1年目のパ・リーグ優勝でかなり栗山色を出せるようになったようだ。ヘッドコーチにヤクルト時代に同僚だった阿井英二郎(埼玉・川越東高野球部監督)、投手コーチに元ロッテの黒木知宏、外野守備走塁コーチに元西武の大塚光二を招いた。

 チームのOBを中心にコーチ陣を編成する球界の慣習は、かなり改められている。それにしても、思い切った人選だ。スポーツキャスターとして取材した経験を踏まえ、3人の新コーチの能力も見定めていた。自信を持った人選だから、前半戦での低迷の要因にコーチ陣編成に伴う混乱が取り沙汰されると「オレは勝ちたいのだ」と、最善を求めた人選であることを強調した。

コメント0

「「記者席より愛をこめて」」のバックナンバー

一覧

「江川よ、桑田よ、監督になる前にぜひ一度!」の著者

浜田 昭八

浜田 昭八(はまだ・しょうはち)

スポーツライター

アマからプロまで野球一筋半世紀という超ベテランのスポーツライター。現場取材にこだわり続けて、今日も記者席から白球を追う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監