• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「カリスマ」が資本主義社会で持続可能になる条件

カリスマの、カリスマによる、カリスマのためのビジネス

2013年9月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回はいきなり英語のクイズから。あなたは“ドメスティック・ディーバ(Domestic Diva)”という英単語をご存知だろうか? これは日本語でいう“カリスマ主婦”のことで、米国ではほぼ自動的にマーサ・スチュアート(後述)のことを指す。ここのDomesticは家事を意味する。そしてDivaとは歌姫(もともとイタリア語で女神。AKB48から分かれたグループ名にも“diVA”がある)のことだ。だからDiva=神=カリスマという意訳は実は正しい。

 カリスマ(charisma)はもともとギリシャ語に由来し、原始キリスト教では「神から授かった特殊な能力」を意味した。滅多にいない、圧倒的かつ神秘的な存在である。カリスマという言葉を広めたのは独の社会・経済学者のマックス・ヴェーバーである。ヴェーバーは 『支配の諸類型』の中で、「合法的支配」「伝統的支配」とともに「カリスマ的支配」を統治の1つのモデルとした。

 そこから転じて、今の日本では、カリスマシェフ、カリスマ美容師、カリスマ節約主婦などカリスマがあふれている。現代の日本では統治や政治の世界のカリスマがあまり見られなくなり(多分困ったことだがそれはさておき)、代わりにプロフェッショナル業界で使われる用語になった。さらに最近では、読者モデル、主婦などを修飾する言葉にもなった。彼らはもちろんプロではないが、他の読者、主婦から一目置かれる存在である。予備校にも「カリスマ講師」が大勢いる。ただなぜか、学校の先生や大学教授のカリスマはあまりいない。先生は単位を与える権限を持っているので、教室の中では”神“だからだろうか(そして教室の外に出るとふつうの人だし…)。

 さて、カリスマには2つのタイプがある。

生活密着型の耐久消費財に多いカリスマビジネス

 1つはクリエイティブ型だ。ファッション業界におけるジョルジオ・アルマーニ、テレンス・コンラン、ココ・シャネルなどだ。非凡な才能を駆使して素晴らしいアートや商品を創造する。先ほどのマーサ・スチュワート、日本の栗原はるみに代表されるカリスマ主婦(主に料理)もクリエイティブ型である。

 もう1つはユーザー型だ。パリス・ヒルトン、英国の故ダイアナ妃、そしてやんごとなき方々を擁する宮内庁。彼らが使う商品は珍重され神秘性を帯び、“○○御用達”、“○○さんが愛用”とありがたがられる。

 ちなみにカリスマが成り立つ商品は、生活に身近な耐久消費財が多い。典型的には服や靴などのファッション。椅子などのインテリア(イムズなど)。そして車(ポルシェなど)、建築(コルビジェなど)へと対象物はだんだん広がった。

コメント4

「上山信一ゼミの すぐそこにあるブルーオーシャンを探せ」のバックナンバー

一覧

「「カリスマ」が資本主義社会で持続可能になる条件」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長