• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

俳優業の社会的地位向上で、日本人をプレゼン上手に!

俳優業キャリアの出口戦略が、日本人の演技力を育てる

2013年9月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近の若者たちはプレゼンがうまい。「ポイントは3つ…」「結論から言えば…」と実に滑らかだ。おそらく小さい頃に週刊こどもニュースで池上彰さんを見ていたからではないか。いや、最も影響を与えているのは、ジャパネットたかたの髙田明社長かもしれない。彼は間違いなく名優である。相手を引き付け、楽しませ、説得し、気分よく物を買わせる。並みの俳優をはるかに超えたすさまじいコミュニケーション能力である。

 さて、今回の上山ゼミの業界分析のテーマは俳優である。

日本の職業俳優の平均年収は約200万円

 日本には今、およそ1万1700人の職業俳優がいる。うち、女性が4割。平均年齢は40歳。年収はかなりの幅があるが、平均約200万円(「平均年収.jp」などによる)。世の中の平均よりは少し低く、またこの額は、ほかのクリエーティブ系ビジネスの従事者(例えば演奏家、演出家、作家、音楽家など)よりやや低い。

 俳優は間違いなく憧れの職業の1つである。最先端のファッションを装い、スポットライトを浴びる。旅番組やグルメ番組の仕事もある。ベテラン俳優が小説を書いたら、すぐに何かの賞がもらえる(という印象がある)。

 しかし現実はきびしい。そんな俳優はごくごく一握りである。

 クリエーティブ系ビジネスの中で最も恵まれているのは、意外にもクラシック音楽の演奏家である。平均年収は約400万円(当人たちへのインタビュー、各種データからの推計)と高い。彼らにはフルオーケストラの演奏会だけでなく、ミニコンサートや結婚式などの出番がある。一流プロだとCDも出せる。また、演奏(俳優で言えばカメラの前や舞台で演技する仕事)だけでなく、教える仕事がある。街を歩けばピアノ教室やボイストレーニング教室に出くわすし、小中高には必ず音楽の先生がいる。

コメント9

「上山信一ゼミの すぐそこにあるブルーオーシャンを探せ」のバックナンバー

一覧

「俳優業の社会的地位向上で、日本人をプレゼン上手に!」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック