• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニート340人が本気で経営する会社

「異質」が日本に突破口を開く

2013年9月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月10日火曜日午後、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センター。企業発足を目指す若者達が集まり、マイクを持って事業プランのプレゼンをしていた。

 本サイトの読者は、野心に燃えた優秀な若者たちがベンチャー企業やNPO(非営利団体)を立ち上げようとしている、といったストーリーを想像されるかもしれないが、今回はそのご期待に添えない。

 実は、そこにいた全員が「ニート」だった。厚生労働省の定義では、ニートとは15~34歳の非労働力人口のうち、学生と専業主婦を除き、求職活動をしていない人を指す。

ニート全員が取締役になる企業

 彼らが議論していたのは、年内設立を目指す「NEET株式会社(仮称)」の事業プランだ。ここでは希望するニートが、全員取締役になる。参加資格は「厚生労働省が定義するニートの条件にだいたい合致する方」だ。

 6月の説明会には200人が集まり、ネット中継は約3000人が視聴した。役員は雇用契約ではないため成果がなければ給料はないことを説明したり、実名登録を呼びかけたりした結果、今は北海道から沖縄まで全国約340人が登録。その内、約200人ほど常時活動しているという。

 プレゼンは数時間にわたって続いた。「北海道で缶に空気を詰め、大気汚染のひどい中国で販売したい」「街コンを開きたい」「一緒に遊んで欲しい」「ニートハウスを作ろう」「ゲームを作りたい」など、常識的に見れば稚拙な提案から、もしかしたら成功の可能性があるのでは、と思わせる提案まで様々だった。

 「馬鹿馬鹿しい。こんな取り組みがうまくいくはずがない」と、一笑に付す人は多いだろう。だが、そう思われた方は、既に固定概念にハマっているのかもしれない。

コメント27件コメント/レビュー

今は何もないのでうまくいっているように見えますが、実際に利益の分配や責任体系の構築など問題が山積しています。これをどう解決していくかが見所だと思います。うまく回る会社が立ち上がるのであれば壮大な実験の成功ということでしょうし、失敗してもわずかな出資金が消えるだけです。ぜひこのレポートを続けてもらいたいと思います。楽しみにしています。(2013/09/17)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ニート340人が本気で経営する会社」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今は何もないのでうまくいっているように見えますが、実際に利益の分配や責任体系の構築など問題が山積しています。これをどう解決していくかが見所だと思います。うまく回る会社が立ち上がるのであれば壮大な実験の成功ということでしょうし、失敗してもわずかな出資金が消えるだけです。ぜひこのレポートを続けてもらいたいと思います。楽しみにしています。(2013/09/17)

コメントへのコメントですが。「「税金払っているから支えている」と考える人は、金だけ払って実態を見ていない無責任な勘違い」=> こういうコメントをする人は大抵はニート本人か、ボランティアで自己満足している能天気な人なんでしょうね。社会の根幹を支えるのは税金であるという「常識」さえわからないとはあきれますね。納税・労働の義務を果たさない社会のフリーライダーを支える必要など皆無です。仕事の選り好みで働かず、自分の無力を棚にあげてなんでも社会や政治のせいにして逃げるニートは、自分たちが社会を食い荒らす白蟻のようなものだと認識すべきです。(2013/09/17)

社会の寄生虫ですか・・・でもそう書く・言う人はニートを決して“支えて”はいません。(「税金払っているから支えている」と考える人は、金だけ払って実態を見ていない無責任な勘違い)“支えている人”はニートの近くにいて、きちんと見ている人達。何でもかんでも勝手にまとめて、ごみだとか虫だとか好き勝手言う前に、まず実態を見たらどうでしょう。生き方が違っても同じ人間。別な動物ではありません。誰もがどこか一つを間違うだけで、職を失って行き詰る可能性があります。確かに甘えはあるでしょうが、一部分だけ見て全てを見たように考え、差別して認めないのはいかがなもんでしょう?(2013/09/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長