• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

戦争はあってはならない!

シリア攻撃は同国民の命のためなのか?!

2013年9月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シリア政府が化学兵器を使用したとして、アメリカのオバマ大統領は軍事攻撃の意図を表明しました。これによって中東は、新たな戦争の危機に直面しました。もちろんアメリカは、様々な理由を挙げて、シリアを攻撃しない方向にもっていくと思います。多くの専門家も、「ロシアの反応とイスラエルの安全を考えれば、軍事攻撃をするはずがない」と考えています。

 戦争が起こるか否かに関わらず、シリアが置かれている地政学的な位置と、アメリカをはじめとする自由主義陣営の行動がいかに利己的であるかを理解する必要があるでしょう。後に説明するようにシリアは特異な場所に位置しているため、自由主義陣営は軍事介入を控えていました。そして、内戦の停止に向けて努力するのではなく、反政府勢力に武器を供給し続け、内戦の火に油を注いできた。そして今、米国は、アサド政権が化学兵器を使用したと決めつけ軍事介入しようとしています。

アラブの春がシリアに波及

 シリアで内戦が広がり続け、既に数万人の犠牲者が出ています。しかし、これまで、国際社会が軍事介入することはありませんでした。過去において国際社会は、「人権保護」を理由にいくつかの内戦に介入しています。その嚆矢となったのがコソボでした。NATO(北大西洋条約機構)は、「人権保護」を理由にコソボの内戦に軍事介入しました。この後、国際社会は2011年、リビアの内戦にも「人権保護」を理由に介入しました。なのに、なぜシリアには介入してこなかったのでしょう?

 特に、シリアとバーレーンの状況を比較し、国際社会の反応を批判する専門家が多くいます。サウジアラビアがバーレーンに軍隊を派遣し、反政府勢力を抑圧した時、世界はバーレーンの国民のことを無視したように見えました。今回、アメリカがシリアに対する攻撃の意志を示したのも、シリア国民のためではなく、自らの国益のために軍事攻撃しようとしていると見えます。人権を真に大切にしようとしているのではなく、自分たちの都合によって介入したり、しなかったりしているわけです。

 ここで、シリアが置かれている地政学的な位置と自由主義陣営の利己主義について詳細に見てみましょう。この利己主義の典型例として、かつてアメリカがイラン人に対して行った「人権侵害」を紹介します。

 2010年に、チュニジアを皮切りにして、アラブの国々で次々に自由化の運動が起こりました。「アラブの春」と呼ばれるものです。欧州各国やオスマン帝国による植民時代が終わったあと今日まで、アラブの多くの国は、独裁政権が統治してきました。この独裁制度を転覆するべく、2010年にアラブ民族は立ち上がりました。

 チュニジアやエジプトにおける自由化運動は、外国から干渉を受けることなく成功しました。一方、リビアでは、国連安保理の議決の下、国際社会が軍事介入したことで、カダフィー政権を転覆させることができました。この軍事介入は、「人権侵害」を防止するためだったと言えるでしょう。

コメント8件コメント/レビュー

戦争はあってはなりませんが、それ以上に虐殺や奴隷化はあってはならないのではないでしょうか。実際、植民地化や敵国に支配された地域の人口は(旧日本の統治などの特殊な例を除いて)激減するは歴史が証明しています。現在の中東やアフリカの混乱は、やはり植民や支配の歴史に左右されているものです。更に平和を享受してきて宗教にも寛容な我々には分からないことが多いでしょう。確かにシリアの件に関しては「人権のため」ではなく「お金のため」の戦争だと私も思いますが、その場にいる人間でなければ語ってはならないことが多々あることを忘れてはいけません。また「国際社会」も戦争を止めることは出来ないことなんて誰でもわかっています。答えはありませんが、「力のある」ロシアの介入で戦争は回避されそうです。結局戦争をしない方法はそのような手段しかないのではないでしょうか。本意ではありませんが、日本も本気で戦争を回避するのであればその方法に頼らなければならないのかもしえません…(2013/09/19)

「100%イラン視点」のバックナンバー

一覧

「戦争はあってはならない!」の著者

サイードレザ

サイードレザ(えってはでぃー・さいーどれざ)

コラムニスト・翻訳者

イラン生まれ。テヘラン大学外国語学部日本語学科卒業。韓国のインハ大学院政治・国際関係を専攻。現在、東アジアを中心にイランの通信ネットワークにて記事を寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

戦争はあってはなりませんが、それ以上に虐殺や奴隷化はあってはならないのではないでしょうか。実際、植民地化や敵国に支配された地域の人口は(旧日本の統治などの特殊な例を除いて)激減するは歴史が証明しています。現在の中東やアフリカの混乱は、やはり植民や支配の歴史に左右されているものです。更に平和を享受してきて宗教にも寛容な我々には分からないことが多いでしょう。確かにシリアの件に関しては「人権のため」ではなく「お金のため」の戦争だと私も思いますが、その場にいる人間でなければ語ってはならないことが多々あることを忘れてはいけません。また「国際社会」も戦争を止めることは出来ないことなんて誰でもわかっています。答えはありませんが、「力のある」ロシアの介入で戦争は回避されそうです。結局戦争をしない方法はそのような手段しかないのではないでしょうか。本意ではありませんが、日本も本気で戦争を回避するのであればその方法に頼らなければならないのかもしえません…(2013/09/19)

ホントもっともな話ですよね。正直武器が売れるからこれからもずっと内戦続いて欲しいと願っていますよ。武器を売りつけてる国々は。それに今回の米国とロシアはあらかじめ決められたシナリオがありその通りに行動しているのではないかと思うほど話ができすぎてます。(2013/09/19)

介入してほしいの?してほしくないの?結局国際社会にどんな行動を期待しているのか、よくわからない記事でした。(2013/09/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長