• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「半沢直樹」と「華麗なる一族」から見る銀行像

40年変わらない恐怖人事と役人支配

2013年9月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「もぅ、半沢直樹って、最高。私たちはどちらかというと、社会的に弱い立場にいるから、権力に立ち向かう姿に胸が毎回スキッリするわ」

ゲイバーのママもファン

 この夏、久しぶりに足を運んだ新宿2丁目のゲイバー。30代の「ママ」が嬉々として銀行を舞台にした半沢直樹の話題を語っていた。20代の独身女性からも「半沢直樹を観たいから日曜には飲み会やデートの予定を入れない」と聞いた。

 半沢直樹――。TBSが7月から日曜劇場で放映を開始すると、あらゆる世代が「面白い」と見入り、社会的なブームを巻き起こした。TBS社内には「高視聴率御礼」の看板が登場。9月22日の最終回の平均視聴率はなんと42%に達した。半沢直樹は「やられたら倍返し」を決め言葉に、汚い上司や行内の圧力を物ともせず、前に進むその姿に多くの共感が集まった。

TBS社内には「高視聴率御礼」の立て看板が

 半沢直樹の原作「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」を書いた池井戸潤氏は旧三菱銀行出身。半沢の苗字は、現在の三菱UFJフィナンシャル・グループの経営企画部長から拝借したとの説がある。この半沢部長という人物は、三菱東京UFJ銀行の「次の次の次の頭取候補」と目されている。こんな逸話が銀行員との会話ではまことしやかに囁かれる。

著者の池井戸潤氏は旧三菱銀行出身

 ドラマの大ヒットを受け、原作は160万部以上の大増刷がかかった。それまで銀行への関心が低かった一般の人を一気に魅了したわけだ。世間では「半沢直樹は今の銀行にいるのか。銀行の世界は本当にドラマ通りなのか」といった話題があがっている。りそなホールディングスの東和浩社長に聞いてみた。

コメント9

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「半沢直樹」と「華麗なる一族」から見る銀行像」の著者

馬場 燃

馬場 燃(ばば・もゆる)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社の経済部などを経て、2012年4月から日経ビジネス記者。電機・IT業界を担当している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長