• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

うどん、かまぼこの再生から始めるクール・ジャパン

食ビジネス再生を考えるロジカルフレームワーク

2013年9月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 8月1日のこのコラムではうっかり海外旅行自慢をしてしまったので、今回は国内旅行自慢から始めたい。

 筆者は国内外を問わず見知らぬ土地に出かける際には、なるべくつてを頼ってその土地の人を紹介してもらう(地方在住の読者の方にもぜひお会いしたいのでよろしく!)。現地で会ったら一緒にメシを食う。そして尋ねる。

「何かお土産にいい名産品、特に珍しい食べ物はないですか?」

 最初の返事は大抵ありきたりだ。全国にも名が知られた誰もが思い浮かべる名産品の名が挙がる。そこで尋ね直す。

筆者が感動した「江木なうなう」

「東京で一人暮らしをする子供に持たせたくなるような、地元でしか食べられない旨いものはないですか?」

 すると今度は「ちょっと見た目はアレですが」のエクスキューズと共に、素晴らしい食品が推挙される。

 そうやって出会った素晴らしい食べ物のひとつに、島根は浜田の江木蒲鉾店の「江木なうなう 赤天」がある。これは魚のすり身に赤唐辛子を練りこんだ薩摩揚げのようなものだ。見た目はピンクで辛い。が、食べているうちにハマる。つまみによし、おやつによし、カットして焼きそばに入れてよし。なんというかハムにパン粉をつけてカツにした感じで粉モノ風の不思議な味がする。

 味だけでなくネーミングもいい。「なうなう」である。ツイッターの「なう」、あまちゃんの「じぇじぇ」の両方取りかと思いきや、双方が存在しない頃からの人気商品である。

 形状もまたいい。オーソドックスな薩摩揚げスタイルで好きな形に切って食べられる。

 練り製品は全国の水産加工品の2割を占める。しかし、年間生産量はこの10年間コンスタントな右肩下がりを続けている(図1、ただしこの1~2年は若干回復)。特にひどいのがカマボコだ。チクワも微減。カマボコの中でも板フリーの揚げカマ・ゆでカマ・風味カマなどは健闘しているが全体にさえない。原材料であるホッケとスケトウダラの不漁がダメな原因らしい。

コメント8

「上山信一ゼミの すぐそこにあるブルーオーシャンを探せ」のバックナンバー

一覧

「うどん、かまぼこの再生から始めるクール・ジャパン」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授