セレンディピティで成功のジレンマから脱出しよう

セレンディピティとイノベーション

2013年10月8日(火)

長谷川 喜一郎


このコラムについて

セレンディピティとイノベーション

セレンディピティという言葉は1754年にホレス・ウォルポールによって世の中に紹介された。セレンディップという王国の王子たちの寓話を「偶然と察知力」の物語として造語にしたこの人物の功績は大きい。その後、多くの学者が、セレンディピティという言葉を核として、研究成果を残している。ここでは、セレンディピティをイノベーションに生かす手法を考える。