• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マンガ家は見る前に描いている

2013年10月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 もういいかげんイタリアの話にも飽き飽きしてるかもしれませんが、お許しください。

 だいたいイタリア、それもローマなんて、いまどきはしゃいだ紀行文を書くのが恥ずかしいくらい、誰でも彼でも行っている。以前にも書いたように、あらゆる旅番組、ガイドブック、情報誌、エッセイが、かの地の情報であふれかえっており、まあ、はっきりいってインフレ気味だ。

 自称イタリア通、イタリア在住者、日本に来ているイタリア人……以外にも、仕事でしょっちゅう渡航しているビジネスマン、毎年のように観光ツアーでどこかの外国に行っているおじちゃんおばちゃんはゴマンといて、めったに海外旅行などしないマンガ家の拙い旅行記など、なんの価値もないのは重々わかっている。何を書いたところで「知ってる」「いまさら」といわれるのがオチだ。たいていの日本人は、青森県五所川原市や熊本県人吉市よりもラツィオ州ローマ市のことに詳しい。

 だが、申し訳ない。
 ふだんが座業なので、やはりたまに外に出ると情けなくもはしゃいでしまうのが人情というものだ。それに半月も日本を留守にしていたので、時事ネタをとりあげようにも、マンガ家は最近の日本の事情をよく知らない。先日までいたところの話をするしかない。

 とにかく、いないあいだに「あまちゃん」が終わったのは知っている。
 こと私に関しては、あのドラマは取りあげないのが節操であり仁義だ……と、このコラムで書いたばかりだが、取りあげようにも最後の2週の放送をまるまる見られないとは、そのときには思っていなかった。

 だから、鈴鹿ひろ美の感動の歌唱もアレもコレも見ていないのだ。
 妄想で補うしかない。

 いや、最終回だけは、かろうじて見た。

 最終回の朝あま放送時、私の乗ったルフトハンザはハバロフスク上空を飛んでいたのだが、昼あまの放送時には既に自宅にいた。人は朝あまから昼あまの間にハバロフスクから世田谷まで移動するのである。恐ろしいことだ。

 ええと……ハバロフスクでも世田谷でも北三陸でも久慈でもなくて、今回はローマの話だ。

 ナポリで満月を見たのち、我々はローマに移動した。
 いや、ローマに行く前に、逆方向だがナポリよりも南のパェストゥムという遺跡に寄った。

 ポセイドンの都という意味のこの古代都市には、本家ギリシアよりも保存状態のいい、巨大なギリシア神殿の遺跡が3つも残っている。シチリアのシラクーサやアグリジェントなどもそうだが、南イタリアにはかつてギリシアの植民都市が幾つもあった。そういう所では古代ローマ時代でもギリシア語が使われていた。

 ギリシア神殿というのは、マンガでは描いたことがある。
 もちろん、資料写真などを見て描くわけで、本物を目の当たりにしたことはなかった。見る前に既に描いている……マンガ家はしばしばこういうことが起きる。

 たいていの人も、ガイドブックや旅番組などで現物より先に写真や映像を見ることは、いまやあたりまえ、というかそっちのほうが大半だろう。

 だが、マンガ家はさらに「描いている」のだった。
 ファインアートの人は対象が実景・現物重視だろうから、これはマンガ家やイラストレーターやアニメーター特有の感覚かも知れない。

 今回の旅行でも、幾つかの遺跡であてどなくさまよっているうち、眼の前にいきなり既視感のある風景や建物が出現する、という体験をした。そんなときマンガ家は決まってこういう。

「あ、ここ描いたことがある」

 初訪問の地でそうしたセリフを発するのが、マンガ家ではない周りの人には面白おかしく聞こえるらしく、今回の取材ツアーのちょっとした流行り言葉になった。

コメント8

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「マンガ家は見る前に描いている」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック