• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こんな会社辞めてやる!世界で「最もクール」と言われた「会社の辞め方」

2013年10月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「こんな会社辞めてやる!」と一度でも思ったことがある人に、ぜひ見てもらいたい動画があります。

 冷蔵庫に入った写真をネット投稿して解雇される店員をバカだと多くの人は言いますが、実力のある社員が上司や会社に不満を持ち、ネットで騒ぎを起こして辞めていく場合、上司は、そして会社はどう考えるべきなのでしょうか?

 会社を辞めるにあたって1人の社員が制作・ネット公開した「ある動画」が今週、世界で大きな話題となりました。本人はもちろん、雇用していた会社も注目され、反響への対応を余儀なくされているようです。

 一体何が起きたのか、世の中の反響がどんなだったのかを紹介しつつ、ビジネス側の視点でその対応について、いつものように動画を見ながら考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫。それでは今週もいってみましょう。

「こんな会社辞めてやる」というダンス動画

 台湾のニュースアニメ制作会社で働いていた25歳のアメリカ人女性、マリーナ・シフリン(Marina Shifrin)さんが、会社を辞めるにあたって9月末に公開した2分弱の動画が、1週間を待たずして再生回数1,000万回を突破する猛烈な勢いでシェアされています。

 「Gone(去って行った)」というタイトルの曲に合わせてダンスを踊りつつ、テロップでメッセージが流れる動画で、メッセージ内容は次のようなものです。

 ―――現在、朝4時半、職場で仕事をしている。

 ニュース動画を制作する、すばらしい会社で働いている。

 約2年間、社外の交際、時間とエネルギーを犠牲にしつつ、この仕事に取り組んできた。

 上司が気にしていたのは、ただ、いかに多くの量をこなすか、そして制作する動画の再生回数だった。

 それで私は1つの動画を作ることにした。私自身の動画だ。

 再生回数よりもコンテンツの質にこだわってみる。

 あ、それから、上司に伝えるんだった。

 私、会社を辞めます。

 辞めますから。

 辞めますよー。

 私はもういませーん。

コメント4件コメント/レビュー

ある創業者の回顧録の1ページ目にこれ以上ないくらいクールな辞め方が書いてありました。ある時藤沢さんは言った「俺、辞めるよ」本田さんは「うん、そうか。でもお前だけじゃない。お前が辞めるなら、俺も辞める」かくして二人は共に会社(ホンダ)を去る。(2013/10/04)

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「こんな会社辞めてやる!世界で「最もクール」と言われた「会社の辞め方」」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ある創業者の回顧録の1ページ目にこれ以上ないくらいクールな辞め方が書いてありました。ある時藤沢さんは言った「俺、辞めるよ」本田さんは「うん、そうか。でもお前だけじゃない。お前が辞めるなら、俺も辞める」かくして二人は共に会社(ホンダ)を去る。(2013/10/04)

話題性のためにマリーナと会社が組んで,就職活動と採用活動を若干の時間差をおいて行った,というだけだったりしないのでしょうか?(2013/10/04)

流行りのTVドラマ風に言えば、スマートに「倍返し」というところでしょうか?モラルハザードの根底には「こんな会社、辞めてやる。」の背景にある、会社への閉塞感が確かに存在する!既得権だけに固執するダメ上司へのアンチテーゼが昨今は、メディアへのリークを必要とせず、WebやSNSで拡散出来る。この状況に「よくぞ言ってくれた!」と、拍手喝采する会社員層は多いでしょうね。ま、危機感の無い経営層は今日も愛人とゴルフですか。出張という名目で。ちなみに当社の話ではございません(爆笑!)今回の記事は「私の会社をブラックとは呼ばないで~」に匹敵する位のスマッシュヒットになる予感がします。筆者と、日経BPの編集ご担当者さんに拍手!です。また、社員を採用する側(経営者)の方々は、日頃社員をモノ扱いして業績を伸ばしてきたらこんな事態はいつ起こってもおかしくないということを自覚した方がよいのではないでしょうか?それが真の危機管理だと思われます。大半の企業は、(危機管理対策が)出来ないでしょうけど。(2013/10/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長