• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大迷宮となる新・渋谷で災害が起きたらどうなる?

【緊急報告】変わりゆく“超複雑空間”、巨大になる渋谷駅サバイバル術(1)

2013年10月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 進化しつづける街、渋谷。新名所・ヒカリエの誕生など商業施設の再開発も急速に進む。さらに首都圏に住む人々の生活の流れを変えたのは、2008年に開通した東京メトロ副都心線が今年3月16日に、ついに東急東横線と直通運転を開始したことだろう。より便利に、より楽しく、より豊かに――。誰もがそう願って発展させてきた渋谷だが、“防災の鬼”渡辺実氏には気がかりなことがあった。渋谷駅周辺は多数の路線が絡みあい、商業施設が地下空間でつながりあう、複雑な“巨大地下迷宮”になってしまっているのではないか。毎日膨大な数の人が行きかうこの場所は、ひとたび大地震などの災害に見舞われたら、どうなってしまうのか?

【お知らせ】
本来であれば、今回は「地震予知の“最前線”でズバリ聞く」のPart5を掲載する予定でしたが、早急に渋谷の現状を報道するべきと判断し、急遽内容を差し替えました。地震予知編に関しては後日再開する予定です。

複雑怪奇な模型を前に呆然とする渡辺氏。これが今回の特集のはじまりだった……

 「む!? こ、これは一体何なんだ?」

 チームぶら防が取材のため移動していると、我らが“防災の鬼”防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏が思わず声を上げた。8月某日、渋谷駅構内を通過しようとしたときのことだった。

 渡辺氏が足を止めたのは、渋谷駅のなかでも道玄坂近くにある、「渋谷区観光協会」と書かれた区営のイベントスペースの前。

 といっても、多数の建物がつながり、複雑に絡みあう渋谷駅とその駅ビル群のなかのこと。どこのことだかわかりにくいかもしれないが、京王電鉄井の頭線のホームの上、岡本太郎の壁画『明日の神話』のあるホールから道玄坂に抜ける通路の途中だ。

 正確な名称で呼べば、「渋谷マークシティーWEST4階」にある「クリエーションスクエアしぶや」である。

 「こらこら水原くん。そんな名前を言ったって、パッとイメージできる人はほとんどいないだろう。ネットで検索でもしないと、この複雑な駅のどこに何があるかなんて、なかなかわからないよ。

 この複雑な模型が、まさにそれを示しているじゃないか!」

 そう、イベントスペースに展示されていたのは、まさにこの生まれ変わる渋谷駅を表した100分の1縮尺の模型だったのだ。

渋谷駅を100分の1の模型にしたというこの作品。まさにアリの巣のような複雑怪奇な構造をしている。

 地下4階、地上5階。鉄道を見れば、地上ではJR山手線、湘南新宿ライン、京王電鉄井の頭線。地下には東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線が走り、しかも半蔵門線は東急電鉄田園都市線に、副都心線は東横線にそれぞれ直通運転する、複雑な構造だ。

 しかも、「渋谷」という名前の通り、谷地である渋谷の地形のため、たとえば地上を走るJR山手線のホームが地上駅の2階にあるのに対し、地下鉄である銀座線のホームは山手線のさらに1階上の地上3階にあるという奇奇怪怪ぶりなのである。

 普段、渋谷駅を利用している方は、「そんなの当たり前じゃないか、別に何の不便もないよ」と思われるかもしれない。だが、こうして各フロアが模型として目の前に現れてみると、その広大さ、複雑さ、迷路性には圧倒されるものがある。

 模型をのぞきこむ“防災の鬼”渡辺氏の表情は、純粋な好奇心と驚きから、すぐに不安と困惑のそれに変わっていった。

 「渋谷駅は、たしか1日に約200万以上の人々が乗り降りする巨大ターミナル駅でもあるんだよ。その人たちが、もし万が一、こんな巨大な“迷宮”のなかで大地震に遭ったら……」

 そして、渡辺氏は顔を上げてこう宣言したのだ。

 「こんな難しい駅にも、きっと防災計画はあるはずだ。巨大地震が発生したとき、この大迷宮からどうやって脱出するか、どうサバイバルさせようと管理者や行政は考えているのか、ぜひそこのところを聞いてみようじゃないか!」

 こうして、チームぶら防は渋谷駅をめぐる取材に突入した!

コメント15

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「大迷宮となる新・渋谷で災害が起きたらどうなる?」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

水原 央

水原 央(みずはら・よう)

ライター/劇作家

東京大学理学部数学科卒業後、ライター、劇作家、ラジオ・パーソナリティとして活動する変わり種。現在は科学の知識を活かして地震や防災の問題をわかりやすく伝える記事を志し、奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官