• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グローバル化に標準モデルなどあるわけがない

グローバル化の誤解を正す(第1回)

2013年10月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業のビジネスを巡って日々流れるニュースの中には、今後の企業経営を一変させる大きな潮流が潜んでいる。その可能性を秘めた時事的な話題を毎月1つテーマとして取り上げ、国内有数のビジネススクールの看板教授たちに読み解いていただき、新たなビジネス潮流を導き出してもらう。

 10月のテーマは「グローバル化の誤解を正す」。多くの日本企業がいま、少子高齢化による人口の減少などで縮小し続ける国内市場に安住せず、海外市場に打って出て成長の機会をとらえようとしている。そのために、グローバル人材育成など「グローバル」と銘打った様々な施策に取り組んでいるが、中にはグローバル化の本質を見誤り、成果を上げられていないケースも少なくないようだ。

 そこで真に求められるグローバル化とはどのようなものなのか。そのために本当に取り組むべき施策は何か。国内ビジネススクールの教壇に立つ4人の論客に、リレー形式で登場し、持論を披露してもらう。

 最初に登場するのは、コンサルタントとして長年にわたり、日本企業のグローバル化を組織・人事の面からサポートしてきた早稲田大学大学院商学研究科(早稲田ビジネススクール)の大滝令嗣教授。同教授はグローバル化には少なくと4つの異なるモデルがあり、自社の業種や経営スタイルに適したモデルを選ばなければつまずくと指摘する。

(構成は小林佳代=エディター/ライター)

 グローバル化に取り組む日本企業は数多くあります。ただ、グローバル化と一言で言っても、各企業が目指すべき姿はそれぞれ異なります。自分たちの会社はどのような形態、内容のグローバル化を遂げるべきなのか。最終到達地点を明確にしたうえで、適切な取り組みをしていくことが必要です。

 私は経営スタイルによって、グローバル化のモデルを4つに分けて考えています。

早稲田大学ビジネススクールの大滝令嗣教授(写真:都築 雅人)

 マトリクスを作って見てみましょう。

 まず縦軸には「世界的統一性」を取ります。これは、グローバルに散らばった子会社や合弁企業の組織を経営していくうえで、本社のコントロールの度合いが「高い」か「低い」かを示します。

 次に横軸には「ローカル市場対応力」を取ります。ブランドや製品、サービスをその土地に合わせるのか、それとも、本社が決めたスタンダード(標準)に立脚するのか。現地の市場に合わせる度合いが「高い」か「低い」かを示します。

 こうすると4象限に分けられ、4つのモデルができます。

コメント2

「MBA看板教授が読むビジネス潮流」のバックナンバー

一覧

「グローバル化に標準モデルなどあるわけがない」の著者

大滝 令嗣

大滝 令嗣(おおたき・れいじ)

早稲田大学ビジネススクール教授

マーサー・ジャパン会長兼アジア地域代表、ヘイコンサルティンアジア地域代表などを歴任。2006年早稲田大学ビジネススクール客員教授を兼務。2009年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員