• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ノーベル平和賞候補の彼女の“ダディ”が魅力的

2013年10月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みずほ銀行やJR北海道といった大企業のトップが発言を二転三転させながら連日の記者会見で釈明を繰り返しています。組織のリーダーとして、もっとほかに良いやり方や伝え方はないものかともやもやしていた時、ニューヨークタイムズのサイト上でとあるインタビュー動画をたまたま見かけ、世界的に注目を集めるその人物、ではなく、その父親が、実に迷いのない言葉で語っている姿に心を打たれました。

 こんな風に接してもらえたら、こんな言葉を聞いていたら、あるいは、自分自身がこんな姿勢でいられたら、困難な時でも力がわいてきそうだと大きな刺激を受けたのです。

 状況も立場もまったく異なりますが、困難を乗り越えていく姿勢や発想、使っている言葉には普遍性があると感じましたので、今回はそんなところを紹介しつつ、問題解決に取り組む上でのヒントを得るべく、いつものように動画を見ながら考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫。それでは今週もいってみましょう。

「世界のヒーロー」と呼ばれた娘

 マララ・ユサフザイさんというパキスタン出身の16歳の少女をご存じでしょうか?

 1年前の2012年10月9日、スクールバスで下校中、反政府の武装集団に銃撃され重傷を負うも奇跡的に回復し、今年7月、16才の誕生日に国連で世界のリーダーたちを前に演説した女性です。

 国連の潘基文(パンギムン)事務総長は演説にあたって彼女を「私たちのヒーローだ」と紹介。間もなく発表されるノーベル平和賞の有力候補とも言われています。

 女性が教育を満足に受けられず、成人する前に結婚させられることが当然とされる地元社会にあって、教育を受ける権利を主張し続ける様子が「反道徳的」だとしてテロ組織の標的にされました。

 当時15歳の少女を狙い撃ちした事件は世界に衝撃を与えましたが、襲撃したイスラム武装勢力の報道官は今月に入ってからも「機会があれば再び襲撃する」と警告したことが報じられています。

 そんなマララさんとは一体どんな人物なのか。

 国連での演説を1分程度のダイジェストにまとめたものがありましたので、紹介します。

[Malala Celebrates 16th Birthday With UN Address]

コメント4件コメント/レビュー

汚染水は充分コントロールされている。日本は水銀を克服した― おいどこが、本当か、正気で言っているのか等のバッシングが飛び交う。前者では、いや水中ネットで囲った3.5平方km内のことだよであり、後者は水俣条約国際会議の開催地の反応だけだが、お喋りがグローバルはいいが、正確を欠くのはいただけない。国内的に舌っ足らずだったや前後の文脈で理解してと釈明が常だが、ならば時宜を得て用意周到に願いたい。記述の中の信念と覚悟を持つ、常に現実的な問いを持つ、他者へのリスペクトを大事にする、役割を果たすという彼女の父の教えを肝に銘じ、吾にはやり遂げれないナ、そして思った事だが人間は死ぬ。が人間が人間を殺す、殺戮そのものの戦争はやらない!こそ究極の決意だと。がこれを信念と覚悟を持って臨むも殺される事は暫時必定、死人に口なしの不条理こそが、私の論拠とする処、彼女を以ってノーベル賞平和賞に相応しいと考える。(2013/10/11)

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「ノーベル平和賞候補の彼女の“ダディ”が魅力的」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

汚染水は充分コントロールされている。日本は水銀を克服した― おいどこが、本当か、正気で言っているのか等のバッシングが飛び交う。前者では、いや水中ネットで囲った3.5平方km内のことだよであり、後者は水俣条約国際会議の開催地の反応だけだが、お喋りがグローバルはいいが、正確を欠くのはいただけない。国内的に舌っ足らずだったや前後の文脈で理解してと釈明が常だが、ならば時宜を得て用意周到に願いたい。記述の中の信念と覚悟を持つ、常に現実的な問いを持つ、他者へのリスペクトを大事にする、役割を果たすという彼女の父の教えを肝に銘じ、吾にはやり遂げれないナ、そして思った事だが人間は死ぬ。が人間が人間を殺す、殺戮そのものの戦争はやらない!こそ究極の決意だと。がこれを信念と覚悟を持って臨むも殺される事は暫時必定、死人に口なしの不条理こそが、私の論拠とする処、彼女を以ってノーベル賞平和賞に相応しいと考える。(2013/10/11)

飢えたる者は常に問い、答えの中にはいつも罠。(2013/10/11)

記事と映像で涙せずにはいられません。この父娘のたどる道の険しいことを思うと、どうか無事に生き延びてほしいと切に思います。私の祖母は裕福な家庭に育ちましたが、教育は受けても賃金労働をすることはありませんでした。私の母は教育を受け、働きましたが、すぐに結婚して仕事をやめました。私は自分の望む教育を受け、働き、そして結婚して子供を授かって、また職場に戻ろうとしています。日本では珍しくもないことでしょうが、何世代もかけた道のりです。彼女の国でも(その国ごとのやり方はあるでしょうが)意志と努力で子供たちが未来を選べる、その範囲が広がっていってほしいと思います。(2013/10/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長